にゃんとま〜の放浪記


記事の内容

前へ | 次へ

【超重要】『TPP推進意見相次ぐ 維新議員ら討論会』|日本農業新聞30日
2012/09/30 16:40

(引用始め)(色付け、【超重要】【重要】、などは引用者による。また(引用者)とある場合も同じ)

【超重要】『TPP推進意見相次ぐ 維新議員ら討論会』

 地域政党「大阪維新の会」を母体に発足した新党「日本維新の会」は29日、新党になってから初めての公開討論会を大阪市で開いた。所属・合流予定の国会議員らとデフレや環太平洋連携協定(TPP)など経済問題を中心に議論。農業政策について、橋下徹代表は討論を踏まえて「TPPは進めていく。農業も含めて競争政策を重視するという観点から意見は一致した」と強調した。
 
 松浪健太氏(衆・比例近畿)や今井雅人氏(衆・比例東海)ら新党に合流または合流予定の国会議員の他、早川忠孝氏、並木正芳氏ら国会議員経験者、竹中平蔵氏ら有識者の計17人が出席。討論会に初めて出席した竹中氏が、TPPに対する考え方を出席者にただした
 
 複数の国会議員は「戦後のやり方は限界に来ている。若い就農者が働ける仕組みにしなければならない」「TPPにはあらゆる問題が集約されている。日本がルール形成していく必要がある」などと話した。
 
 国会議員経験者からは「TPPは中小企業や農業と対立してしまうが、そこを切り抜けなければ日本の未来はない」といった声が上がった。
 

 「日本維新の会」は29日、同党の国会議員団の代表に松野頼久基官房副長官が就任する方針を明らかにした。議員団幹事長には松浪氏、同政調会長には桜内文城参院議員を充てる。10月3日に開催予定の同党の両院議員総会で正式決定する。

(引用終)

―(引用者)竹中平蔵氏が「議員面接」で主導権を握ることになったのは他紙の報道などで確認できる。ちなみに日本がこれからTPP交渉参加しても(日本主導の)ルール形成はできない。

●30日のトップページ⇒ http://bit.ly/SoENsG 携帯版⇒ http://bit.ly/SoENsI

【反新自由主義の砦】日本農業新聞入手方法:1部売り⇒@アキバ本社1F受付(ヨドバシカメラの前の通りを上野方向に徒歩3分)A大手町JAビル(経団連ビルの隣)地下1階農文協・農業書センター。1部92円。バックナンバーもある。また03(5295)7410に電話すれば送ってもらえる。

月極め(2550円。北海道は2450円)⇒(0120)101630もしくは⇒ http://www.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=47

カテゴリ:TPP

前へ | 次へ

コメントを見る(0)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン



Powered By FC2ブログ