にゃんとま~の放浪記

(C)にゃんとま~2007-2014無断転用・無断転載を禁ず

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『TPP反対一致団結を JAグループ自民要請』|日本農業新聞31日

(引用始め)(色付け、【超重要】【重要】、などは引用者による。また(引用者)とある場合も同じ)

『TPP反対一致団結を JAグループ自民要請』

 JA全中の萬歳章会長らJAグループ代表は30日、東京・永田町で開かれた自民党のTPP参加の即時撤回を求める会(森山裕会長)でTPP問題について要請した。野田佳彦首相が交渉参加を表明することや、政府が交渉参加に向けた手続きをなし崩しで進めることへの懸念をあらためて表明。政府への追及や交渉参加反対に向けた党内の一致団結を求めた。
 
 萬歳会長の他、全中の村上光雄、飛田稔章両副会長、冨士重夫専務、JA富山中央会の穴田甚朗会長が出席した。
 
 萬歳会長は、JAグループとして徹底的に反対を貫くことを強調。「全国の農業者の懸念と危機感を理解してもらい、TPP断固阻止の声を上げてもらいたい」と呼び掛けた。
 
 要請に対し江藤拓氏(衆・宮崎)は9月の同党総裁選に関して、TPP賛成の総裁選出を阻止するべきとの考えを強調した。森山会長は「重要な提案だ。適切な対応をしていく」との考えを示した。
 
(引用終)

―(引用者)今回の自民党総裁選は無風なのか波乱なのかよくわからない。

●31日のトップページ⇒ http://bit.ly/RrpnTH 携帯版⇒ http://bit.ly/RrpnTJ

【反新自由主義の砦】日本農業新聞1部売りで入手するには⇒①アキバ本社1F受付(ヨドバシカメラの前の通りを上野方向に徒歩3分右手の赤茶のビル)②大手町JAビル(経団連ビルの隣)地下1階農文協書店で入手可。1部92円。バックナンバーもある。なお03(5295)7410に電話して@ja_tppさんのツイッターを見たと言えば郵送で送ってくれる。送料込みで150円前後。

月極め(2550円。北海道は2450円)購読希望の方は⇒フリーダイアル(0120)101630か、ネット版⇒ http://www.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=47

スポンサーサイト
  1. 2012/08/31(金) 09:26:45|
  2. TPP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

『日本の沈没 国民が防ぐ』|日本農業新聞31日

(引用始め)(色付け、【超重要】【重要】、などは引用者による。また(引用者)とある場合も同じ)

『日本の沈没 国民が防ぐ』

 「このままでは、日本は沈没する。その瀬戸際に来ている」と、30日の超党派議員集会でTPP反対表明の大トリを務めた、大御所・亀井静香氏(衆・広島)。「政府も前のめり、政治家も前のめり」と、TPP推進派を猛烈批判。交渉参加阻止のためには「(集会に参加した)皆さん方が、“平成の佐倉惣五郎(江戸時代の義民)”になる決意で突き進む。これしか方法は無い。頑張ろう」と呼び掛けた。
 
(引用終)

―(引用者)特になし(爆)。

●31日のトップページ⇒ http://bit.ly/RrpnTH 携帯版⇒ http://bit.ly/RrpnTJ

【反新自由主義の砦】日本農業新聞1部売りで入手するには⇒①アキバ本社1F受付(ヨドバシカメラの前の通りを上野方向に徒歩3分右手の赤茶のビル)②大手町JAビル(経団連ビルの隣)地下1階農文協書店で入手可。1部92円。バックナンバーもある。なお03(5295)7410に電話して@ja_tppさんのツイッターを見たと言えば郵送で送ってくれる。送料込みで150円前後。

月極め(2550円。北海道は2450円)購読希望の方は⇒フリーダイアル(0120)101630か、ネット版⇒ http://www.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=47

  1. 2012/08/31(金) 09:20:15|
  2. TPP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『TPPの危険性7分で 食、農、医療をズバリ 全JAにDVD配布 JA全国連統一広報』|日本農業新聞31日

(引用始め)(色付け、【超重要】【重要】、などは引用者による。また(引用者)とある場合も同じ)

『TPPの危険性7分で 食、農、医療をズバリ 全JAにDVD配布 JA全国連統一広報』

 JAグループ全国機関8団体は、環太平洋連携協定(TPP)の内容や危険性が7分間で分かるアニメを、JA全国連統一広報として制作した。30日から統一広報のホームページで公開した他、DVDを作成し全JAに配った。JA支店や店舗などで上映することで、多くの国民にTPPの悪影響について理解を深めてもらう。
 
 TPPから日本の食と暮らし・いのちを守るネットワークが開設する「考えてみよう!TPPのこと」と題したホームページに登場するキャラクターを使用。女子大生のキャラクター「ナナ」が、姉の家族と一緒に、農業、食品の安全性、医療の3テーマでTPPについて学んでいく
 
 農業では、日本とオーストラリアの1戸当たりの耕地面積には1534倍と大きな差があることを紹介し、TPPに参加すれば食料自給率の低下に直結するとした。遺伝子組み換えなどの食品表示や残留農薬基準も、海外の基準に統一されてしまう懸念を説明している。
 
 医療分野では、高額な保険外診療が増えることで国民皆保険制度がなくなる危険性を指摘した。
 
 グラフや図を交えて、暮らしへの影響を具体的に解説。知識のない人にも一からTPPを知ることができるようになっている。JA全中は「JA本支店や店舗、直売所などでの上映や勉強会といった多くの場面で活用してほしい」(統一広報プロジェクト室)と呼び掛けている。
 
 ネット発信も
 
 インターネット上で「JAきずな」と検索してアクセスできる統一広報のホームページから、アニメの映像にアクセスできる。

※引用者注1:「みんなでいっしょに考えよう!TPP」動画⇒ http://youtu.be/Y615RnHDYkQ
注2:JAきずなHP⇒ http://ja-kizuna.jp/
注3:TPPから日本の食と暮らし・いのちを守るネットワーク「考えてみよう!TPPのこと」HP⇒ http://www.think-tpp.jp/

(引用終)

―(引用者)これは使える!

●31日のトップページ⇒ http://bit.ly/RrpnTH 携帯版⇒ http://bit.ly/RrpnTJ

【反新自由主義の砦】日本農業新聞1部売りで入手するには⇒①アキバ本社1F受付(ヨドバシカメラの前の通りを上野方向に徒歩3分右手の赤茶のビル)②大手町JAビル(経団連ビルの隣)地下1階農文協書店で入手可。1部92円。バックナンバーもある。なお03(5295)7410に電話して@ja_tppさんのツイッターを見たと言えば郵送で送ってくれる。送料込みで150円前後。

月極め(2550円。北海道は2450円)購読希望の方は⇒フリーダイアル(0120)101630か、ネット版⇒ http://www.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=47

  1. 2012/08/31(金) 08:35:45|
  2. TPP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【重要】『TPP懸念材料を整理 意見集約先送り 民主・経済連携PT』|日本農業新聞31日

(引用始め)(色付け、【超重要】【重要】、などは引用者による。また(引用者)とある場合も同じ)

【重要】『TPP懸念材料を整理 意見集約先送り 民主・経済連携PT』

 民主党・経済連携プロジェクトチーム(PT、櫻井充座長)は30日、今後の議論の見通しを示した。今国会の会期末(9月8日)までは、環太平洋連携協定(TPP)交渉参加に伴うメリットと農業分野以外の懸念材料を整理する作業にとどめ、事実上、全体の意見集約を先送りにすることを決めた。党PTは農業への影響について政府の統一見解が出ていないことを理由に挙げた
 
 櫻井座長は、農水省と経済産業省で農業への影響試算に食い違いがあることを指摘。「農業のダメージについて政府の中で統一見解がない。これを早く出してもらわないと議論できない」と述べた。
 
 同日の総会では、引き続き懸念材料について議員間で議論した。議員からは医療や知的財産などで「テーマごとに影響を掘り下げるべきだ」との個別論点を抽出する必要性について意見が出た。
 
 今後、党PTでは会期末まで総会を2回程度開いて懸念材料の整理を進める構えだ。
 
(引用終)

―(引用者)影響試算の食い違いについては前々から言われてきたことで、何を今さらなのだが、意見集約を先送りする意図は何か。代表選候補への予備選立候補を櫻井座長が表明した点と併せて考える必要がある。

●31日のトップページ⇒ http://bit.ly/RrpnTH 携帯版⇒ http://bit.ly/RrpnTJ

【反新自由主義の砦】日本農業新聞1部売りで入手するには⇒①アキバ本社1F受付(ヨドバシカメラの前の通りを上野方向に徒歩3分右手の赤茶のビル)②大手町JAビル(経団連ビルの隣)地下1階農文協書店で入手可。1部92円。バックナンバーもある。なお03(5295)7410に電話して@ja_tppさんのツイッターを見たと言えば郵送で送ってくれる。送料込みで150円前後。

月極め(2550円。北海道は2450円)購読希望の方は⇒フリーダイアル(0120)101630か、ネット版⇒ http://www.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=47

  1. 2012/08/31(金) 08:05:23|
  2. TPP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『TPP参加は医療崩壊招く JA長野厚生連盛岡理事長が講演』|日本農業新聞31日

(引用始め)(色付け、【超重要】【重要】、などは引用者による。また(引用者)とある場合も同じ)

『TPP参加は医療崩壊招く JA長野厚生連盛岡理事長が講演』

 JA全厚連が30日に東京都内で開いた厚生連病院事務長研修会で、JA長野厚生連の盛岡正博理事長が講演し、日本が環太平洋連携協定(TPP)に参加すれば、医療崩壊を招くと警鐘を鳴らした。「TPPや新自由主義の根本的な考えは、命を売買する価値観で危険。国民皆保険制度も壊れかねない」と強調した。
 
 講演で盛岡理事長は、米国と日本の医療保険が真逆にあることを指摘した。米国は民間保険が主流で自己責任に委ねる一方で、日本の国民皆保険は国民同士が支えあう共助制度「日本の社会保障制度が米国式の市場原理主義、自己責任化したものでいいのかと考えるべき問題だ」と疑問を投げかけた。
 
 ミニTPPとされる米国と韓国の自由貿易協定(FTA)にも触れた。韓国では保険がきく分野ときかない分野を合わせて診療できる「混合診療」が入り、日本と米国の中間に位置していると紹介した。
 
 同研修会には、全国の厚生連病院の事務長ら約(※引用者注:原文のママ)113人が参加した。

(引用終)

―(引用者)米韓FTAがまさに日本にとっての「他山の石」だ。

●31日のトップページ⇒ http://bit.ly/RrpnTH 携帯版⇒ http://bit.ly/RrpnTJ

【反新自由主義の砦】日本農業新聞1部売りで入手するには⇒①アキバ本社1F受付(ヨドバシカメラの前の通りを上野方向に徒歩3分右手の赤茶のビル)②大手町JAビル(経団連ビルの隣)地下1階農文協書店で入手可。1部92円。バックナンバーもある。なお03(5295)7410に電話して@ja_tppさんのツイッターを見たと言えば郵送で送ってくれる。送料込みで150円前後。

月極め(2550円。北海道は2450円)購読希望の方は⇒フリーダイアル(0120)101630か、ネット版⇒ http://www.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=47

  1. 2012/08/31(金) 07:40:22|
  2. TPP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【重要】『次期衆院選の推薦方針 TPP反対が条件 日本医師連盟』|日本農業新聞31日

(引用始め)(色付け、【超重要】【重要】、などは引用者による。また(引用者)とある場合も同じ)

【重要】『次期衆院選の推薦方針 TPP反対が条件 日本医師連盟』

 日本医師会の政治団体である日本医師連盟は30日、次期衆院選で、TPP交渉参加に反対することを条件に推薦する方針を明らかにした。立候補予定者のTPPに対する考えをアンケートし、推薦の可否を判断する。
 
 自民党の議員連盟「TPP参加の即時撤回を求める会」(森山裕会長)の同日の会合で、同連盟の羽生田俊副委員長(日本医師会副会長)が「TPPに反対する議員を推すと宣言したい」と述べ、明らかにした。同副会長は「与野党問わず、考えを聞く予定で準備を進めている。TPPに賛成する方は絶対に推せない」と強調した。
 
 日本医師会と日本医師連盟は、TPPによる公的医療保険への民間保険の参入や病院経営への株式会社の進出、知的財産権強化に伴う薬価高騰などを懸念し、日本のTPP交渉参加に反対している。ただ同連盟は、地方支部が独自の方針で候補者を応援する動きまでは拘束できないとの考えも示した
 
(引用終)

―(引用者)最後の一文はややガッカリも、事実上方針は全国に及ぶとみていいと思われる。

●31日のトップページ⇒ http://bit.ly/RrpnTH 携帯版⇒ http://bit.ly/RrpnTJ

【反新自由主義の砦】日本農業新聞1部売りで入手するには⇒①アキバ本社1F受付(ヨドバシカメラの前の通りを上野方向に徒歩3分右手の赤茶のビル)②大手町JAビル(経団連ビルの隣)地下1階農文協書店で入手可。1部92円。バックナンバーもある。なお03(5295)7410に電話して@ja_tppさんのツイッターを見たと言えば郵送で送ってくれる。送料込みで150円前後。

月極め(2550円。北海道は2450円)購読希望の方は⇒フリーダイアル(0120)101630か、ネット版⇒ http://www.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=47

  1. 2012/08/31(金) 07:20:13|
  2. TPP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『TPP交渉 超党派議員が決起 APEC・国連総会 参加声明阻止へ』|日本農業新聞31日

(引用始め)(色付け、【超重要】【重要】、などは引用者による。また(引用者)とある場合も同じ)

『TPP交渉 超党派議員が決起 APEC・国連総会 参加声明阻止へ』

 9月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)や国連総会を前に、環太平洋連携協定(TPP)交渉への野田佳彦首相の参加表明を阻止するため超党派の国会議員らが30日、東京・永田町の憲政記念館で緊急集会を開いた。代理を含め議員222人が参加。一連の首脳外交での参加表明に断固反対する決議を採択した。集会後には、欠席者も含めて決議に賛同した議員272人分の署名とともに首相官邸で藤村修官房長官に申し入れた
 
 こうした超党派の議員集会は3回目。今回は「9月APECでのTPP交渉参加表明を阻止する超党派議員・国民集会」と題し、議員本人155人、代理67人が出席した。有識者らでつくる「TPPを考える国民会議」など一般参加も1000人を超え、会場に入りきらないほどだった。
 
 集会では、ロシア・ウラジオストクでの9月8、9日のAPEC首脳会議や、ニューヨークでの同月中旬からの国連総会に合わせた訪米時に、野田首相がTPP交渉参加を表明するのではないかとの危機感を共有。決議文には「国民を顧みない政治決断によってTPP交渉参加の表明があってはならない」とし、「9月のAPECならびに国連総会において、TPP協定交渉への参加を表明することには断固反対である」と明記した。
 
 参院の野田首相問責決議案の可決で与野党の対立は激化しているが、集会では13党・会派の代表らが結束して交渉参加に反対することを表明した。民主党の山田正彦元農相は「政府は事前協議を水面下で進め、交渉参加に向けて準備している」と警告。自民党の山田俊男農林部会長は「超党派で、なんとしても野田首相の姿勢を変えなければならない」と訴えた。
 
 山田元農相ら超党派の議員20人は、集会後に藤村官房長官に決議の内容を申し入れた。官房長官は、米国との事前協議が煮詰まっていないことや、TPPに関する民主党内での議論が続いていることなどから「APECでの参加表明はない」と述べたという。

(引用終)

―(引用者)272人という数をどう見るか。

●31日のトップページ⇒ http://bit.ly/RrpnTH 携帯版⇒ http://bit.ly/RrpnTJ

【反新自由主義の砦】日本農業新聞1部売りで入手するには⇒①アキバ本社1F受付(ヨドバシカメラの前の通りを上野方向に徒歩3分右手の赤茶のビル)②大手町JAビル(経団連ビルの隣)地下1階農文協書店で入手可。1部92円。バックナンバーもある。なお03(5295)7410に電話して@ja_tppさんのツイッターを見たと言えば郵送で送ってくれる。送料込みで150円前後。

月極め(2550円。北海道は2450円)購読希望の方は⇒フリーダイアル(0120)101630か、ネット版⇒ http://www.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=47

  1. 2012/08/31(金) 06:56:08|
  2. TPP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【日本農業新聞31日TPP関連記事】2012.8.31

―本日の1面トップ記事は2012国際協同組合年の一連の企画記事で新連載『“弱者の支えに”インド協同組合』の1回目の記事。「きずな新時代」と題した連載記事は読み応えある企画で、協同組合とは無関係の一般の人でもわかりやすく書かれている。毎回入念に取材されている。日本農業新聞にのみ生息する「ブンヤ」の面目躍如の記事になっている。

―2面に2012年産米の作柄・生育概況農水省の来年度予算概算要求案の記事。3面の論説(社説)はファンド法成立を踏まえた記事。

―3面に「民主党復活会議を設立」の記事、関連記事があり、野田首相の政権運営に異を唱える議員約40人が出席。さらに櫻井充経済連携PT座長が党代表候補への予備選に出馬する意向を表明したとある(これらの記事はTPPと無関係ではないが、引用しない)。

―10面に12年度産リンゴが過去6年平均に比べ8%減との記事がある。なお終面(16面)カラー全面広告・デュポンの殺虫剤「プレバソン」。orz。

◆本日の【TPP関連記事】◆

【1面】
『TPP交渉 超党派議員が決起 APEC・国連総会 参加声明阻止へ』
⇒ http://bit.ly/TB3l2l 携帯版⇒ http://bit.ly/TB3iDV

【重要】『次期衆院選の推薦方針 TPP反対が条件 日本医師連盟』
⇒ http://bit.ly/OCFhOo 携帯版⇒ http://bit.ly/OCFgK5 

【2面】
『TPP参加は医療崩壊招く JA長野厚生連盛岡理事長が講演』
⇒ http://bit.ly/OCJ9Pl 携帯版⇒ http://bit.ly/OCJ9Pp

【3面】
【重要】『TPP懸念材料を整理 意見集約先送り 民主・経済連携PT』
⇒ http://bit.ly/OCOczh 携帯版⇒ http://bit.ly/OCOdTI

『日本の沈没 国民が防ぐ』
⇒ http://bit.ly/Q5B0Tt 携帯版⇒ http://bit.ly/Q5B3OT

『TPP反対一致団結を JAグループ自民要請』
⇒ http://bit.ly/Owd5uq 携帯版⇒ http://bit.ly/Owd4qp

【5面】
『TPPの危険性7分で 食、農、医療をズバリ 全JAにDVD配布 JA全国連統一広報』
⇒ http://bit.ly/TBqT7l 携帯版⇒ http://bit.ly/TBqUbo

【反新自由主義の砦】日本農業新聞1部売りで入手するには⇒①アキバ本社1F受付(ヨドバシカメラの前の通りを上野方向に徒歩3分右手の赤茶のビル)②大手町JAビル(経団連ビルの隣)地下1階農文協書店で入手可。1部92円。バックナンバーもある。なお03(5295)7410に電話して@ja_tppさんのツイッターを見たと言えば郵送で送ってくれる。送料込みで150円前後。

月極め(2550円。北海道は2450円)購読希望の方は⇒フリーダイアル(0120)101630か、ネット版⇒ http://www.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=47
  1. 2012/08/31(金) 06:16:49|
  2. TPP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『TPP交渉参加の是非判断 APECでは見送り 官房長官』|日本農業新聞30日

(引用始め)(色付け、【超重要】【重要】、などは引用者による。また(引用者)とある場合も同じ)

『TPP交渉参加の是非判断 APECでは見送り 官房長官』

 藤村修官房長官は29日の会見で、TPP交渉参加問題について「(現段階で)特定の時期、来月のいつということで何か決定をする方針ではない」と述べ、9月にロシアで開かれるAPEC首脳会議に向けては、交渉参加の是非を判断しない考えを明らかにした。

 藤村官房長官は「関係国との協議が煮詰まっていく段階ではあるが、まだ煮詰まったということではない。最終的に煮詰まっていない部分がある」として、「参加について、決定ではない状況だ」と述べた。

 米国では政府が交渉参加を承認するには議会と90日間協議する必要があり、年内の交渉参加を目指して野田佳彦首相が同首脳会議の際に参加を表明するのではないかとの観測が浮上していた。ただ9月下旬のニューヨークでの国連総会に合わせて日米首脳会談を行い参加を表明する可能性も指摘されており、依然予断を許さない状況だ。

(引用終)

―(引用者)どのみちオバマが出席しないAPECでの「参加声明」はないのか。もしくは「参加声明」抜きでUSTRが米議会に日本のTPP交渉参加承認を求めるのか。

●30日のトップページ⇒ http://bit.ly/TyuDXb 携帯版⇒ http://bit.ly/TyuDXf

【反新自由主義の砦】日本農業新聞1部売りで入手するには⇒①アキバ本社1F受付(ヨドバシカメラの前の通りを上野方向に徒歩3分右手の赤茶のビル)②大手町JAビル(経団連ビルの隣)地下1階農文協書店で入手可。1部92円。バックナンバーもある。なお03(5295)7410に電話して@ja_tppさんのツイッターを見たと言えば郵送で送ってくれる。送料込みで150円前後。

月極め(2550円。北海道は2450円)購読希望の方は⇒フリーダイアル(0120)101630か、ネット版⇒ http://www.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=47

  1. 2012/08/31(金) 01:39:31|
  2. TPP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【重要】『超党派で反対貫く TPP阻止へ情報交換会で各党訴え』|日本農業新聞30日

(引用始め)(色付け、【超重要】【重要】、などは引用者による。また(引用者)とある場合も同じ)

【重要】『超党派で反対貫く TPP阻止へ情報交換会で各党訴え』

 全国農業者農政運動組織連盟(全国農政連)が29日に東京都内で開いた「TPP(環太平洋連携協定)交渉参加阻止に向けての情報交換会」。各党の代表ら10人があいさつし、交渉参加阻止を訴えた。
 
 民主党・山田正彦元農相
 TPP問題は、大変深刻な状況だ。米国の財政委員長のボーカス上院議員が来日時、APEC(アジア太平洋経済協力会議)での参加表明を求め、経済産業省はすでに水面下でのTPP交渉の準備を着々と進めている。今こそ超党派で集まり、どんなことがあっても日本にTPP交渉参加させないようにしっかり頑張っていきたい。
 
 国民新党・下地幹郎幹事長
 私は沖縄・宮古島の生まれで農業のど真ん中で育った。この国のためにも絶対に(TPP交渉参加を)やってはいけないということをよく知っている。日本が元気になるためには農業が頑張らなければいけないという気持ちで、これからも政治活動をする。TPP交渉参加に絶対に反対の姿勢を貫いていく。
 
 自民党・大島理森副総裁
 外交交渉はタフでなければいけない。そのためには、しっかりした政権基盤が必要だが、今の民主党政権にはない。われわれは、全ての関税を撤廃するというような交渉には入ってはいけないという原則でTPP交渉阻止に取り組む。ただしゃべるだけではなく、政府にきちんとやらせなければならない。
 
 国民の生活が第一・山岡賢次代表代行
 日本は1億総兼業農家制にして自給体制を確立すべきだ。私たち自由党(当時)が合流して民主党ができたが、それまで民主党には農業政策などなかった。戸別所得補償制度は、私たち自由党が考えたものだ。私たちこそが農業政策の元締めだという思いで、TPP交渉参加を全力で阻止したい。
 
 公明党・石田祝稔農林水産部会長
 今日、官房長官が記者会見で、いまだに議論が煮詰まっていないからAPECでの交渉参加(表明)が難しいと言った。国民に情報を開示せずに、どうやって議論し参加するのか。6月1日時点からの情報が(開示が)進んでいない。私たちは何も知らされていない。力を合わせ、TPPに反対し、自国をしっかり守ろう。
 
 共産党・志位和夫委員長
 国民に(情報を)伝えずなしくずしに参加しようとするのが野田政権のやり方。懇談した日本医師会の横倉(義武)会長は、TPPに参加したら株式会社の医療介入で国民介護保険制度が流動化すると話した。農業と医師会は共に全面反対と訴える。(TPP参加は)農業、医療、雇用が破壊され主権が奪われる。
 
 新党きづな・斎藤恭紀政調会長
 先日、被災地。宮城県のJAの案内で津波を被った水田を見た。被災された方も頑張っていこうという前向きな気持ちを持っているのに、TPPは就農意識を減退させ、足かせとなる。持ちつ持たれつ、お互いさまという精神は米作りから熟成された。米の国ニッポンを全力で守る。
 
 社民党・阿部知子政審会長
 大地を愛するのであれば、この国を愛するのであれば、関税自主権を守る必要があるのに、なぜ放り出すのか。日本はどこと生きていくのか。米国に付いて行って何の利益があるのか。だまくらかし、うそ八百のTPP。断固阻止に向けて強い決意で臨む。国会議員の矜持を見せて戦う。
 
 新党大地・真民主・松木謙公代表代行
 TPP交渉参加反対では、政治家に圧力をかけるべきだ。TPPをどう考えているのか、選挙区の政治家に対し、はっきりと聞いてほしい。交渉参加反対のために、しっかりと戦う人をぜひ応援しよう。口だけの政治家は駄目だ。選挙区の政治家には行動を要求しよう。私は最後まで戦う。皆さん、一緒に闘おう。
 
 たちあがれ日本・園田博之幹事長
 TPP交渉参加の問題は、米国の雇用政策と関係する。日本が米国の雇用政策に付き合う必要はない。政党はたくさんあるが、超党派で日本農業を守り、いつまでも国産の農畜産物を提供することが大事だ。一緒に頑張っていきたい。

(引用終)

―(引用者)もし日本が交渉参加してしまった場合、批准の時期が問題となる。さまざまな情報を総合すると、来秋以降の模様。そうなるとどうやっても批准前に総選挙があるのが濃厚で現在TPP反対・慎重派が多数の議席を守れるのか否かが大問題だ。

●30日のトップページ⇒ http://bit.ly/TyuDXb 携帯版⇒ http://bit.ly/TyuDXf

【反新自由主義の砦】日本農業新聞1部売りで入手するには⇒①アキバ本社1F受付(ヨドバシカメラの前の通りを上野方向に徒歩3分右手の赤茶のビル)②大手町JAビル(経団連ビルの隣)地下1階農文協書店で入手可。1部92円。バックナンバーもある。なお03(5295)7410に電話して@ja_tppさんのツイッターを見たと言えば郵送で送ってくれる。送料込みで150円前後。

月極め(2550円。北海道は2450円)購読希望の方は⇒フリーダイアル(0120)101630か、ネット版⇒ http://www.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=47

  1. 2012/08/31(金) 01:06:08|
  2. TPP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【日本の針路 下】『成熟の社会へ 輸出立国妄想捨てよ 社会経済学者 松原隆一郎氏』|日本農業新聞30日

(引用始め)(色付け、【超重要】【重要】、などは引用者による。また(引用者)とある場合も同じ)

【日本の針路 下】『成熟の社会へ 輸出立国妄想捨てよ 社会経済学者 松原隆一郎氏』

 世界の経済史上、先進国で「輸出立国」という国はまれである。輸出が増えるほど通貨高となり、輸出が困難になるためだ。だから環太平洋連携協定(TPP)で日本が輸出立国を目指すというのは途上国の発想。輸出を増やせば円高が進み、輸出企業は自分で自分の首を絞めることになる。
 
 日本農業の体質強化もTPPに参加すればできない。関税撤廃と、工業製品の輸出増による円高で、海外の農産物はより輸入しやすくなる。規模拡大によるコスト削減には限界があり、円高で輸出も望めない。付加価値で勝負するには、農薬や遺伝子組み換え作物などの規制を日本独自に強化すべきだが、TPPはこうした社会的規制をも撤廃しようとするものだ。
 
 小泉構造改革で日本の輸出が増えたように見えたのも、米国が世界中から輸入をしていただけ。リーマン・ショック後の米国にそんな購買力はないTPPに参加するアジアの国々はこれから輸出によって発展し、その売り先は日本だ。TPPは「日本の輸入を増やすもの」と考えなければならない。
 
 つまりTPPで日本の輸出が増えることはあり得ない。TPPに参加すれば輸出が増えるというのは財界の妄想に過ぎない。戦後日本の最も輝かしい時代である高度経済成長期を。「昔は良かったね」と懐かしんでいるだけだ。
 
 しかし困ったことに政治家もこの妄想にとらわれている。経済を誤って解釈し、世界情勢の大きな枠組みをつかめない。だから政策の優先順位を間違える。東日本大震災からの復興より先に、TPPに参加するかどうかの議論をする理由がどこにあるだろうか。消費税増税も時期が悪い。中長期的な財政を考えればいつかは必要だが、今は復興に冷や水を浴びせることになる。復興需要による景気浮上にもブレーキをかける。
 
 何より、震災が発生した時点で民主党は2009年衆院選のマニフェスト(政権公約)を放棄し、復興に時間と予算を集中すべきだった。民主党のマニフェストにある「コンクリートから人へ」は、自民党的な公共事業から人への社会保障に、ばらまきの対象を変えただけだった。そこに書かれていない震災には、まるで対応できなかった。
 
 次期総選挙に向けて各党が示すべきは、目の前の人気取りのマニフェストではない。成熟した日本社会の未来像と、そこに至る道筋だ。日本はもう“大人の国”であり、途上国ではありえないという現実に合わせて生きていくしかない。内需中心の経済、適正規模の公共事業と社会保障へと発想の転換が迫られている。「維新」や「改革」といった言葉だけでは解決しない。有権者も、輸出立国をはじめとした現実を直視しない妄想の数々を捨てて、判断をすべきだ。(聞き手・岡部孝典)
 
 まつばら・りゅういちろう 1956年兵庫県生まれ。東京大学大学院経済学研究科博士課程終了。選考は社会経済学、相関社会科学。現在、同大学大学院総合文化研究科教授。著書に『日本経済論』『ケインズとハイエク』など多数。
 
(引用終)

―(引用者)世間的には共感の比較的多い論。ただ、成長の限界論には落とし穴も多い。また自由貿易批判には必ずしもなっていない点にも注意されたい

●30日のトップページ⇒ http://bit.ly/TyuDXb 携帯版⇒ http://bit.ly/TyuDXf

【反新自由主義の砦】日本農業新聞1部売りで入手するには⇒①アキバ本社1F受付(ヨドバシカメラの前の通りを上野方向に徒歩3分右手の赤茶のビル)②大手町JAビル(経団連ビルの隣)地下1階農文協書店で入手可。1部92円。バックナンバーもある。なお03(5295)7410に電話して@ja_tppさんのツイッターを見たと言えば郵送で送ってくれる。送料込みで150円前後。

月極め(2550円。北海道は2450円)購読希望の方は⇒フリーダイアル(0120)101630か、ネット版⇒ http://www.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=47

  1. 2012/08/30(木) 20:51:53|
  2. TPP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『TPP 参加反対へ意思結集 与野党10党が決意 全国農政連情報交換会』|日本農業新聞30日

(引用始め)(色付け、【超重要】【重要】、などは引用者による。また(引用者)とある場合も同じ)

『TPP 参加反対へ意思結集 与野党10党が決意 全国農政連情報交換会』

 全国農業者農政運動組織連盟(全国農政連)は29日、環太平洋連携協定(TPP)交渉への参加反対に賛同する国会議員との情報交換会を東京都内で開いた。政府がTPP交渉参加に前のめりな姿勢を続ける中で、あらためて交渉参加に反対する声を結集。党派を超えて与野党10党の代表が交渉参加阻止に向けた強い決意を表明。政府や党内への働き掛けを徹底して続ける意思を確認した。

 情報交換会は1月に続き2回目。JAグループが行ったTPP交渉参加反対の国会請願に賛同した議員に呼び掛けた。参議院が開会中だったため、衆議院議員約120人が参加した。都道府県農政運動組織代表者ら250人と情報交換した。

 全国農政連の山田俊臣会長は「首相による参加表明はあってはならない」と強調。国会議員に対し、「交渉参加を絶対に阻止するとの意識を共有してほしい」と強く求めた。

 来賓としてあいさつした東京大学大学院の鈴木宣弘教授は「日本の実質的な交渉参加がいつ決まるか分からない。国民や国会議員は覚悟をもって行動すべきだ」と危機感を持った対応を訴えた。主婦連合会の山根香織会長は「消費生活の安全・安心を奪うTPPには断固反対。阻止に向かって共に頑張りたい」と連帯を呼び掛けた。

 各党代表あいさつで民主党の山田正彦元農相は「水面下で(事前)交渉は進んでいる。どんなことがあっても交渉に参加させないよう頑張る」と決意表明。自民党の大島理森副総裁は「全ての関税を撤廃する交渉に入ってはいけない。与党は言葉だけではなくて政府にやらせるべきだ」と述べた。

 最後に自民党のTPP参加の即時撤回を求める会の森山会長の音頭でガンバローを三唱した。

(引用終)

―(引用者)「水面下で交渉は進んでいる」は共通認識の模様。

●30日のトップページ⇒ http://bit.ly/TyuDXb 携帯版⇒ http://bit.ly/TyuDXf

【反新自由主義の砦】日本農業新聞1部売りで入手するには⇒①アキバ本社1F受付(ヨドバシカメラの前の通りを上野方向に徒歩3分右手の赤茶のビル)②大手町JAビル(経団連ビルの隣)地下1階農文協書店で入手可。1部92円。バックナンバーもある。なお03(5295)7410に電話して@ja_tppさんのツイッターを見たと言えば郵送で送ってくれる。送料込みで150円前後。

月極め(2550円。北海道は2450円)購読希望の方は⇒フリーダイアル(0120)101630か、ネット版⇒ http://www.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=47
  1. 2012/08/30(木) 20:26:38|
  2. TPP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2カウンター

SINCE 2007.3.21

プロフィール

にゃんとま~

Author:にゃんとま~
\(^^*)X(*^^)/好きなモン=放浪(流浪・浮浪)・純米酒・聡明な女性・モーグリ・ビワ・国産柑橘類・投票(主に南関ケーバだがもちろんセンキョも). ▼嫌いなモン=カルト的に【自己責任】を強制する【新自由主義・リバタリアニズム】・『バクチ経済』の延命策であるTPP・核・原発・GMO・差別・排外主義・国家そのもの

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

Twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

政治 (2)
社会 (4)
経済 (1)
TPP (876)
TPP・GMO (9)
TPP・WTO (3)
TPP・EPA (2)
TPP・農政 (13)
TPP・農業 (5)
TPP・その他 (7)
GMO (7)
WTO (1)
EPA (3)
BSE (0)
原発・核・放射能 (1)
農業 (1)
農政 (1)
お知らせ (17)
未分類 (0)

RSSリンクの表示

QRコード[ケータイ版](修正済)

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。