にゃんとま~の放浪記

(C)にゃんとま~2007-2014無断転用・無断転載を禁ず

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【重要】『カナダ、メキシコの交渉参加』(引用者注:森山裕氏、篠原孝氏に聞く)|日本農業新聞23日

(引用始め)(色付け、【超重要】【重要】、などは引用者による。また(引用者)とある場合も同じ)

【重要】『カナダ、メキシコの交渉参加』(引用者注:森山裕氏、篠原孝氏に聞く)

 カナダ・メキシコが環太平洋経済連携協定(TPP)交渉参加を表明したことを受け、米国の思惑や懸念事項、日本が教訓にすべき点などについて、民主党・経済連携プロジェクトチームの篠原孝幹事と自民党・TPP参加の即時撤回を求める会の森山裕会長に聞いた。

・米政権のPR材料に 自民党・TPP参加の即時撤回を求める会会長 森山裕氏

 カナダとメキシコは既に米国と北米自由貿易協定(NAFTA)を結んでいる。TPP交渉参加のハードルは日本よりはるかに低かったと見るべきだ。「日本が出遅れた」という指摘は、両国と日本の置かれた状況の違いを無視している。
 
 両国をTPP交渉に入れることは、NAFTAで大きな利益を得た米国の大企業や農業界に対するオバマ政権のPRになる。だが日本の交渉参加には自動車業界を筆頭に反発があり、現時点では「交渉に参加させないこと」がPRになる。大統領選挙のために利用されている感が否めない。気になるのは、両国が交渉参加のために受け入れた条件だ。実際に交渉に入るまでルールを見せてもらえず、既に合意したルールは変えないとも聞いている。これでは暗闇の中に飛び込むようなもの。カナダの供給管理制度も、NAFTAでは例外扱いとなっているが、全品目の関税撤廃が原則のTPPでそれが許されるのだろうか。日本政府は、これらについて早急に情報収集しなければならない。しかしTPPは情報公開なき貿易交渉で、米国上院議員が情報開示を求める法案を提出するほどだ。これまでの交渉内容すら満足に情報収集できていないという事実や、参加メリットが十分に示されていないことも忘れてはならない。
 
 両国の交渉参加で、経済界から日本の参加を求める声が高まるだろうが「明らかにしなければならない問題が増えた」と考えるべきだ。ルールを知らずに、スポーツをするような話があるか。「サッカーをやろうとしたらバレーボールだった」では済まされない。(聞き手・岡部孝典)
 
・“鍵”を握る情報開示 民主党・経済連携プロジェクトチーム幹事 篠原孝氏

 カナダとメキシコのTPP交渉参加はNAFTAを結んでいる経緯から、予想される範囲内だ。11月の大統領選に向けて、オバマ米大統領は実績作りに奔走している。両国の交渉参加についても、締結国から悪影響を指摘されているNAFTAからTPPにすり替え、経済の側面で得た成果を強調しようとしている。
 
 また、カナダとメキシコは、昨年11月に日本が交渉参加に向けた事前協議を表明したことで色めきたった、という経緯がある日本がTPPに参加しなければ、両国ともインセンティブが湧かない、と思うはずだ。ただ、経済連携の基本戦略を検討する党PTにとって重要な課題であり、政府にしっかり情報収集してもらう必要がある。
 
 両国の交渉参加を通じて新規加盟国の交渉参加条件が極めて不公平なことも浮き彫りになっている。米国が思い通りにしようとしているルール作りに対し、日本が途中で関与することは事実上困難であり、慌てて交渉参加を判断する必要は全くない。日本が最優先すべきは米韓自由貿易協定(FTA)の状況を見守り、懸念事項を見極めること。その上で、出来上がったルールを国益に照らして検証、判断することが大事だ。
 
 一方、TPP交渉参加に伴ってカナダの供給管理制度の扱いが焦点になっているが、4月に党PT調査団でカナダを訪れた時、カナダ政府は「供給管理制度は絶対に死守する」と明言していた。同制度は自由貿易から自国の農業を守る見本であり、これまでも数々の難局を乗り越えて来た。日本も参考にすべきだ。(聞き手・阪上裕基)

(引用終)

―(引用者)メキシコじたい「暴力」の支配する国になりつつある。カナダの扱いとメキシコでは差があるのは歴然としている。注意を喚起したいのは大統領選でオバマが敗北してもTPP交渉は続くということだ。

●本日の他の記事⇒ http://bit.ly/Mpxq5f 携帯版⇒ http://bit.ly/Mpxq5h

  1. 2012/06/24(日) 02:36:07|
  2. TPP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【日本農業新聞24日TPP関連記事】2012.6.24 | ホーム | 『生活への影響 専門家ら指摘 市民がシンポ』|日本農業新聞23日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyantomah.blog101.fc2.com/tb.php/127-bb534866
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

SINCE 2007.3.21

プロフィール

にゃんとま~

Author:にゃんとま~
\(^^*)X(*^^)/好きなモン=放浪(流浪・浮浪)・純米酒・聡明な女性・モーグリ・ビワ・国産柑橘類・投票(主に南関ケーバだがもちろんセンキョも). ▼嫌いなモン=カルト的に【自己責任】を強制する【新自由主義・リバタリアニズム】・『バクチ経済』の延命策であるTPP・核・原発・GMO・差別・排外主義・国家そのもの

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

Twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

政治 (2)
社会 (4)
経済 (1)
TPP (876)
TPP・GMO (9)
TPP・WTO (3)
TPP・EPA (2)
TPP・農政 (13)
TPP・農業 (5)
TPP・その他 (7)
GMO (7)
WTO (1)
EPA (3)
BSE (0)
原発・核・放射能 (1)
農業 (1)
農政 (1)
お知らせ (17)
未分類 (0)

RSSリンクの表示

QRコード[ケータイ版](修正済)

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。