にゃんとま~の放浪記

(C)にゃんとま~2007-2014無断転用・無断転載を禁ず

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【超重要】『日本のTPP交渉参加 9月表明説が浮上』|日本農業新聞1日

(引用始め)(色付け、【超重要】【重要】、などは引用者による。また(引用者)とある場合も同じ)

【超重要】『日本のTPP交渉参加 9月表明説が浮上』

 日本が9月に環太平洋経済連携協定(TPP)交渉への参加を正式に表明するのではないかという見方が、米国内で浮上している。ロシアでのアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議、米国での国連総会など野田佳彦首相の出席が予想される外交日程が重なるためだ。一方、国内では、民主党の少なくないTPP慎重派議員が消費税増税関連法案に反対。執行部の処分などによっては、今後の党内議論に参加できない可能性がある。

・米通商専門誌が報道
 
 「9月表明説」は、6月28日付の米通商専門誌『インサイドUSトレード』電子版が、複数の観測筋による見方として伝えた。ただ9月上旬のAPEC首脳会議では、オバマ米大統領が欠席するため、交渉参加表明の可能性は低いとも指摘する。
 
 それに代わる表明の場として例示したのが、9月下旬に米ニューヨークで開かれる国連総会だ。米シンクタンク「戦略国際問題研究所(CSIS)」の知日派として知られるマシュー・グッドマン氏の考えとして紹介。TPPで「重大な前進」をするため、日米首脳会談が設定される可能性が、より高いという。
 
 実際、野田首相は就任直後の昨年9月下旬にも国連総会出席のため訪米し、オバマ大統領と初めての首脳会談を行った経緯がある。その際はTPP交渉参加問題に「しっかりと議論し、早期に結論を出す」と伝えた。9月には民主党代表選があるものの、野田首相が今年も訪米すれば、1年越しで“結論を出す”場になる可能性がある。

◇   ◇

 こうした中、民主党・経済連携プロジェクトチーム(PT、櫻井充座長)では、戦略を伴った経済連携の基本方針の策定を目指している。政府の判断は拘束しないものの、「一定の影響力はある」(PT幹部)。消費税政局で中断し、目標としていた今国会の会期末・6月21日(9月8日まで延長)は過ぎたが、今後、TPPの懸念事項など大詰めの議論に入る。
 
・民主党分裂問題 慎重派に募る危機感

 PT中断中にカナダ・メキシコの交渉入りが決まり、推進派議員の勢いが増すのは必至。慎重派にとっては、交渉参加に歯止めをかけるための天王山だ。だが消費税増税関連法案に反対・棄権した慎重派議員への処分が懸念材料となる。
 
 同法案の衆院での採決には、「TPPを慎重に考える会」の山田正彦会長や川内博史氏(衆・鹿児島)、若手の福島伸享氏(衆・茨城)や三宅雪子氏(衆・比例北関東)らが反対に回り、篠原孝元農水副大臣や山岡達丸氏(衆・比例北海道)らの論客も棄権した。
 
 同党の輿石東幹事長は除籍など重い処分には慎重な姿勢だ。しかし過去の重要法案で党方針に反した場合に取られた「党員資格停止3カ月」の処分でも、9月いっぱいはPTに参加できない。離党の可能性が指摘される慎重派議員もいる。
 
 増税関連法案には賛成したTPP慎重派議員は「彼らが抜ければ推進派の巻き返しは避けられず、何とか軽い処分でとどめてほしい。自発的な離党などもっての外だ」と危機感を示す。

※引用者注:INSIDE US TRADE誌電子版の該当記事(リーディング部分のみ)⇒ http://insidetrade.com/index.php?option=com_user&view=login&return=aHR0cDovL2luc2lkZXRyYWRlLmNvbS8yMDEyMDYyODI0MDMxNDkvV1RPLURhaWx5LU5ld3MvRGFpbHktTmV3cy9leHBlcnRzLXNlZS1uYXJyb3ctd2luZG93LW9mLW9wcG9ydHVuaXR5LWZvci1qYXBhbi10cHAtYnJlYWt0aHJvdWdoL21lbnUtaWQtOTQ4Lmh0bWw=

(引用終)

―(引用者)国連総会とは、気付かなかった。なおこの記事の後半部分の「党員資格停止3カ月」というのは現実味を帯びているので大きな懸念材料だ。しかし、そもそもTPPに関しては政府の専権事項であるということはPTじしんが認めていることだ。事ここに至っては国民世論を高めて、政権を追い込んで行くしかないのではないか。

●本日の目次⇒ http://bit.ly/MJ03rr 携帯版⇒ http://bit.ly/MJ03rt

  1. 2012/07/01(日) 07:43:04|
  2. TPP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【日本農業新聞2日TPP関連記事】2012.7.2 | ホーム | 【日本農業新聞1日TPP関連記事】2012.7.1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyantomah.blog101.fc2.com/tb.php/146-0ea6d139
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

SINCE 2007.3.21

プロフィール

にゃんとま~

Author:にゃんとま~
\(^^*)X(*^^)/好きなモン=放浪(流浪・浮浪)・純米酒・聡明な女性・モーグリ・ビワ・国産柑橘類・投票(主に南関ケーバだがもちろんセンキョも). ▼嫌いなモン=カルト的に【自己責任】を強制する【新自由主義・リバタリアニズム】・『バクチ経済』の延命策であるTPP・核・原発・GMO・差別・排外主義・国家そのもの

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

Twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

政治 (2)
社会 (4)
経済 (1)
TPP (876)
TPP・GMO (9)
TPP・WTO (3)
TPP・EPA (2)
TPP・農政 (13)
TPP・農業 (5)
TPP・その他 (7)
GMO (7)
WTO (1)
EPA (3)
BSE (0)
原発・核・放射能 (1)
農業 (1)
農政 (1)
お知らせ (17)
未分類 (0)

RSSリンクの表示

QRコード[ケータイ版](修正済)

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。