にゃんとま~の放浪記

(C)にゃんとま~2007-2014無断転用・無断転載を禁ず

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『ASEAN+日中韓 米備蓄協定きょう発効 災害時に食料融通』|日本農業新聞12日

(引用始め)(色付け、【超重要】【重要】、などは引用者による。また(引用者)とある場合も同じ)

『ASEAN+日中韓 米備蓄協定きょう発効 災害時に食料融通』

 東南アジア諸国連合(ASEAN)の10カ国と日本、中国、韓国の3カ国が参加する「緊急事態のための米備蓄協定(APTERR)」が12日、発効する。大規模な自然災害などが起きた場合、各国政府が備蓄の中から一定量の米を供給し、食料確保を支援する。東アジア地域の食料安全保障の確立に結び付けるのが狙い。日本は、政府備蓄米から最大25万トンを提供する

 今回の協定は、鹿野道彦前農相が出席した2011年のASEANプラス3農相会合で、既に採択している。6月までに日本やタイなどの7カ国が締結したため、12日からの発効が決まった。

 協定に基づき、各国は緊急米の備蓄量を申告している。総合計は78.7万トン。日本の25万トンをはじめ、中国30万トン、韓国15万トン、ASEAN合計8.7万トンと続く。各国政府は、大規模な自然災害などで米の確保に支障が出た国に対し、自国の需給状況や財政負担を検討しながら、一定量を供給する。

 協定の運営資金は、各国政府が拠出する。今後5年間をかけて、総額400万ドルの基金を造成する。日中韓3カ国はそれぞれ100万ドル、ASEAN合計で100万ドルを拠出する。

 協定は、インドネシアの津波やフィリピンの台風被害をはじめとした東アジア地域の自然災害を踏まえ、02年から同農相会合で検討してきた。日本が議論を主導し、04年から10年にかけて、日本と世界最大の米輸出国のタイが試験事業を実施。協定の土台をつくった。

(引用終)

―(引用者)この協定の意義は小さくない。ショックドクトリン防衛策

●本日の他の記事⇒ http://bit.ly/OyMRpb 携帯版⇒ http://bit.ly/OyMPNP

  1. 2012/07/12(木) 19:22:58|
  2. TPP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『穀物価格は高水準 21年までの農業見通し FAOとOECD』|日本農業新聞12日 | ホーム | 【重要】『TPP拡大交渉 7分野が合意へ 政府調達ルール作り 関与厳しく』|日本農業新聞12日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyantomah.blog101.fc2.com/tb.php/204-74994790
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

SINCE 2007.3.21

プロフィール

にゃんとま~

Author:にゃんとま~
\(^^*)X(*^^)/好きなモン=放浪(流浪・浮浪)・純米酒・聡明な女性・モーグリ・ビワ・国産柑橘類・投票(主に南関ケーバだがもちろんセンキョも). ▼嫌いなモン=カルト的に【自己責任】を強制する【新自由主義・リバタリアニズム】・『バクチ経済』の延命策であるTPP・核・原発・GMO・差別・排外主義・国家そのもの

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

Twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

政治 (2)
社会 (4)
経済 (1)
TPP (876)
TPP・GMO (9)
TPP・WTO (3)
TPP・EPA (2)
TPP・農政 (13)
TPP・農業 (5)
TPP・その他 (7)
GMO (7)
WTO (1)
EPA (3)
BSE (0)
原発・核・放射能 (1)
農業 (1)
農政 (1)
お知らせ (17)
未分類 (0)

RSSリンクの表示

QRコード[ケータイ版](修正済)

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。