にゃんとま~の放浪記

(C)にゃんとま~2007-2014無断転用・無断転載を禁ず

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『TPPで首相 党の議論踏まえる』|日本農業新聞13日

(引用始め)(色付け、【超重要】【重要】、などは引用者による。また(引用者)とある場合も同じ)

『TPPで首相 党の議論踏まえる』

 野田佳彦首相は12日の衆院予算委員会で「環太平洋連携協定(TPP)の交渉参加は政府として判断するが、党内の議論をよく踏まえて対応するので一方的に進めることはない」と述べ、民主党内での議論を受けて是非を判断する方針を明言した。新党きづなの斎藤恭紀氏(宮城)への答弁。

 民主党内では現在、経済連携プロジェクトチーム(PT)でTPPなど経済連携への対応や戦略についての意見集約に向け、議論を続けている。10日には藤村修官房長官が同様の発言をしているが、野田首相自らが党内議論への配慮を示したことで、PTでの議論の重みがさらに増しそうだ

 また首相は、政府が8月中に交渉参加を正式に決定するとの一部報道に対し「事実ではない。相手国との協議や国内議論の熟度を踏まえて判断する」と述べた。

 斎藤氏が「TPPは医療や保険、資格、郵政、自動車の税制や食品の安全基準、著作権や知的財産などに悪影響が出る」と指摘すると、「被害妄想的な話が多かった」と反論した。
 
(引用終)

―(引用者)「被害妄想的な話が多かった」とは言語道断。ところで首相が「党内の議論をよく踏まえて対応する」というのを鵜呑みにすることはできない。党内対応で消費税増税や大飯原発再稼動で民主的な決定をしてきただろうか。よく考える必要がある。離党者が大量に出て慎重になっているとの説も甘いのではないか。つまり党内の手続きよりも、水面下で行っている日米交渉が思惑通り進んでいないことの方が大きいのではないか。

●本日の他の記事⇒ http://bit.ly/LcSWpW 携帯版⇒ http://bit.ly/LcSWpZ

  1. 2012/07/13(金) 16:06:54|
  2. TPP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『従来の姿勢強調 TPPで農相』|日本農業新聞13日 | ホーム | 【重要】『日本再生戦略 党内議論スタート 農業位置づけで異論も 民主』|日本農業新聞13日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyantomah.blog101.fc2.com/tb.php/211-48621cef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

SINCE 2007.3.21

プロフィール

にゃんとま~

Author:にゃんとま~
\(^^*)X(*^^)/好きなモン=放浪(流浪・浮浪)・純米酒・聡明な女性・モーグリ・ビワ・国産柑橘類・投票(主に南関ケーバだがもちろんセンキョも). ▼嫌いなモン=カルト的に【自己責任】を強制する【新自由主義・リバタリアニズム】・『バクチ経済』の延命策であるTPP・核・原発・GMO・差別・排外主義・国家そのもの

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

Twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

政治 (2)
社会 (4)
経済 (1)
TPP (876)
TPP・GMO (9)
TPP・WTO (3)
TPP・EPA (2)
TPP・農政 (13)
TPP・農業 (5)
TPP・その他 (7)
GMO (7)
WTO (1)
EPA (3)
BSE (0)
原発・核・放射能 (1)
農業 (1)
農政 (1)
お知らせ (17)
未分類 (0)

RSSリンクの表示

QRコード[ケータイ版](修正済)

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。