にゃんとま~の放浪記

(C)にゃんとま~2007-2014無断転用・無断転載を禁ず

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【重要】『非関税措置 透明性確保を提起 WTOが世界貿易報告書』|日本農業新聞17日

(引用始め)(色付け、【超重要】【重要】、などは引用者による。また(引用者)とある場合も同じ)

【重要】『非関税措置 透明性確保を提起 WTOが世界貿易報告書』

 【ジュネーブ安達聡子】世界貿易機関(WTO)は16日、「非関税障壁」を特集した2012年版の世界貿易報告書を発表した。報告書は「農産物や工業品の基準に基づいた非関税措置は、関税よりも貿易に大きな影響を与える可能性がある」と指摘し、非関税措置の透明性確保や工業品の国際標準化などを進めるよう提起した。

 報告書が取り上げたのは、①自動車の安全基準などの貿易に関する技術的障害(TBT)②残留農薬基準などの衛生植物検疫措置(SPS)③サービス分野の国内規制規律―の3項目。WTOが各国の通報を基に集計する統計によると、TBTとSPSの導入件数は統計を取り始めた1995年から増加の一途をたどっている。ただ、TBTやSPSの導入が増えたのは、安価な輸入品から国内産業を保護するためというよりは、各国で環境問題や消費者権利の意識が高まっているための対応と分析した。

 その上で、農産物は輸出入の手続きに関係する基準が貿易を制限している一方、工業品やハイテク製品は、逆に国際標準化が貿易の拡大につながっていると指摘。このため、食の安全や環境対策などをなくすことなく、貿易に対する影響を最小限に抑える方法として、非関税措置の透明性確保の改善や、非関税措置を実施する際の基準の設定、国際標準化と相互認証制度を多国間で進める必要があると提起した。

(引用終)

―(引用者)WTOの立場というのは未だに資本の立場を代弁した組織のままであり、これをどう変えていくのかが国際的な課題(国際労働機構(ILO)の参加など)になっている。

●本日の他の記事⇒ http://bit.ly/MAub70 携帯版⇒ http://bit.ly/MAu9Mn

  1. 2012/07/17(火) 15:29:09|
  2. TPP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『後発途上国加盟手続き 簡素化で合意へ』|日本農業新聞17日 | ホーム | 【重要】『原料原産地表示拡大 議論大詰め 主婦連 山根香織会長に聞く』|日本農業新聞17日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyantomah.blog101.fc2.com/tb.php/231-23e2cc71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

SINCE 2007.3.21

プロフィール

にゃんとま~

Author:にゃんとま~
\(^^*)X(*^^)/好きなモン=放浪(流浪・浮浪)・純米酒・聡明な女性・モーグリ・ビワ・国産柑橘類・投票(主に南関ケーバだがもちろんセンキョも). ▼嫌いなモン=カルト的に【自己責任】を強制する【新自由主義・リバタリアニズム】・『バクチ経済』の延命策であるTPP・核・原発・GMO・差別・排外主義・国家そのもの

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

Twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

政治 (2)
社会 (4)
経済 (1)
TPP (876)
TPP・GMO (9)
TPP・WTO (3)
TPP・EPA (2)
TPP・農政 (13)
TPP・農業 (5)
TPP・その他 (7)
GMO (7)
WTO (1)
EPA (3)
BSE (0)
原発・核・放射能 (1)
農業 (1)
農政 (1)
お知らせ (17)
未分類 (0)

RSSリンクの表示

QRコード[ケータイ版](修正済)

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。