にゃんとま~の放浪記

(C)にゃんとま~2007-2014無断転用・無断転載を禁ず

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【超重要】【TPP反対 農業だけじゃない!Part3②】『弱者守る制度消える 多重債務救済団体 金利に悩む自殺懸念』|日本農業新聞15日

(引用始め)(色付け、【超重要】【重要】、などは引用者による。また(引用者)とある場合も同じ)

【超重要】【TPP反対 農業だけじゃない!Part3②】『弱者守る制度消える 多重債務救済団体 金利に悩む自殺懸念』


 高知市内のビルの一室に、借金に苦しむ人たちの“駆け込み寺”がある。息子がサラ金に手を出して金策に奔走する母親、病気で仕事を失い生活苦で借金が返せなくなった中年男性…。多重債務に悩む被害者らでつくる「高知うろこの会」が毎日、無料で相談に応じている。

 真剣に相談者の言葉に耳を傾けるのは、事務局長の岡田悟さん(71)。借金取りに追い詰められ、自殺した人の悔しさを胸に秘め、借金苦から抜け出せない人に「借金は必ず解決できる」と弁護士と連携して対処する。
 
□  □

 国内の自殺者は年間3万人に上り、原因の2割は「経済・生活問題」が占める。ヤミ金被害などに苦しみ、自殺を防ぎたい一心で活動する同会が今、最も危機感を抱くのが環太平洋連携協定(TPP)だ。

 「TPPで国内の金利規制が撤廃されたら、多重債務者を救う手段がなくなる。TPPは社会的弱者のセーフティーネット(安全網)を奪う協定に他ならない」。岡田さんは語気を強める。

 現在、日本は「利息制限法」に基づき、元金で10万円未満を借りた場合、利息を20%(※引用者注:年率。10万円超は年利18%)までとする金利設定がある。だが、ここにきて「TPPに参加すれば日本独自の金利設定が、外資系カード会社や金融会社などのビジネスを妨げる非関税障壁となる恐れがある」と懸念する弁護士や大学教授らが出てきた。

 7月下旬には、うろこの会の協力で多重債務問題に詳しい識者を集め、高知市内で「TPPと金利」に関するシンポジウムを開いた。

 静岡市の小澤吉徳司法書士は「日本独自の金利規制が、TPP参加によって自由な経済活動を阻害すると見られるだろう。そうなれば消費者金融は今より高い金利を設定し、返済者はいくら努力しても返せない状況に追い込まれてしまう」と影響を分析する。

□  □

 岡田さんの脳裏に浮かぶのは、700万円の過払い請求に苦しみ、昨春命を絶った高知県内の農村女性だ。「救えなかった命。一日でも支払いが遅れると督促状が家に来るため、家族にばれないよう、あちこちに金策に走り、行き詰まったんだろう。悔しくて言葉にできない」

 自身も8年前、仕事仲間から頼まれて借金の保証人になり、200万円の借金を背負った。司法書士に相談し、年金などを担保に返すことができたが、職場にかかる鳴りやまない借金取りからの電話、家族に打ち明けられずうそをついていた当時の絶望感は忘れることができないという。

 岡田さんは力を込める。「金利の上限が撤廃されれば中小事業主らを中心に借金で苦しみ、死を選ぶ人が今以上に増える。自殺を減らそうと積み重ねてきた努力も無駄になる。絶対、TPPを許してならない」
 
※引用者注:高知うろこの会HP⇒ http://urokonokai.web.fc2.com/index.html

(引用終)

―(引用者)TPPを推進するのが「投資の完全自由化」という金融関係が主たる動機とすれば、金利制限という「非関税障壁」は取り払われる危険性があり、この件は看過できない重要な視点である。

●本日のトップページ⇒ http://bit.ly/MY36kT 携帯版⇒ http://bit.ly/MY38ta

【反新自由主義の砦】日本農業新聞1部売りで入手するには⇒①アキバ本社1F受付(ヨドバシカメラの前の通りを上野方向に徒歩3分右手の赤茶のビル)②大手町JAビル(経団連ビルの隣)地下1階農文協書店で入手可。1部92円。バックナンバーもある。なお03(5295)7410に電話して@ja_tppさんのツイッターを見たと言えば郵送で送ってくれる。送料込みで150円前後。

月極め(2550円。北海道は2450円)購読希望の方は⇒フリーダイアル(0120)101630か、ネット版⇒ http://www.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=47

  1. 2012/08/15(水) 15:09:46|
  2. TPP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【超重要】『TPP参加新局面に 9月以降警戒を 相次ぐ国際会議 焦点』|日本農業新聞15日 | ホーム | 【日本農業新聞15日TPP関連記事】2012.8.15>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyantomah.blog101.fc2.com/tb.php/332-0dc5a157
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

SINCE 2007.3.21

プロフィール

にゃんとま~

Author:にゃんとま~
\(^^*)X(*^^)/好きなモン=放浪(流浪・浮浪)・純米酒・聡明な女性・モーグリ・ビワ・国産柑橘類・投票(主に南関ケーバだがもちろんセンキョも). ▼嫌いなモン=カルト的に【自己責任】を強制する【新自由主義・リバタリアニズム】・『バクチ経済』の延命策であるTPP・核・原発・GMO・差別・排外主義・国家そのもの

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

Twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

政治 (2)
社会 (4)
経済 (1)
TPP (876)
TPP・GMO (9)
TPP・WTO (3)
TPP・EPA (2)
TPP・農政 (13)
TPP・農業 (5)
TPP・その他 (7)
GMO (7)
WTO (1)
EPA (3)
BSE (0)
原発・核・放射能 (1)
農業 (1)
農政 (1)
お知らせ (17)
未分類 (0)

RSSリンクの表示

QRコード[ケータイ版](修正済)

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。