にゃんとま~の放浪記

(C)にゃんとま~2007-2014無断転用・無断転載を禁ず

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【超重要】論点『「民肥えて国亡ぶ」米国社会 肥満の主因に農政 コラムニスト 李啓充』|日本農業新聞20日

(引用始め)(色付け、【超重要】【重要】、などは引用者による。また(引用者)とある場合も同じ)

【超重要】論点『「民肥えて国亡ぶ」米国社会 肥満の主因に農政 コラムニスト 李啓充』

 増大する医療費
 
 米国における公衆衛生上の最大問題が肥満であることは論を待たない。肥満の医学的基準を満たす成人は3人に1人に達し、日本の25人に1人を大きく上回っている。しかも、糖尿病、高血圧、脳卒中、心筋梗塞、脂肪肝などの厄介な病気が著しく高率に合併するため、費やされる医療費も巨額に上る。国民医療費の約5分の1(約40兆円、日本の医療費総額にほぼ匹敵)が肥満故と見積もられ、米国では「民肥えて国亡ぶ」状況が出来上がりつつあるのである。
 
 ではなぜ米国が肥満大国になったかというと、最大の原因はその農業政策にあるとする説が支持を集めるようになっている。その背景には、肥満をめぐる医学理論が変わってきたことがあるのだが、日本でも米国でも、これまでずっと、「肥満は自己責任」とする説が主流であった。「過食と運動不足が主因なのだから肥満になるのは本人が悪い」としてきたのだが、ここ数年、肥満になる仕組みや、肥満の治療はなぜ難しいのかについての医学的理解が進むとともに、「自己責任論」に対する反省がなされるようになってきた。
 
 そもそも、進化の過程で、ヒトの体は「飢えに耐える」仕組み作りを優先してきたため、「体に入ったカロリーをため込む」ようにできている。「飽食の環境で暮らせば肥満になるのは当たり前」とする考えが主流となり、肥満を生み出す大本の原因は社会にあるとして「肥満原性社会」と呼ばれるようになった。
 
 「主犯」はコーン
 
 米国を肥満原性社会とした最大の「主犯」と目されているのがトウモロコシであり、1970年代後半以降、トウモロコシ生産量と肥満率は平行して増加してきた。とは言っても、国民が食べるトウモロコシの量が増えたせいで肥満が増えたというわけではなく、新たな使途が拡大されたために、間接的影響で肥満が増えることとなったのである。
 
 例えば、家畜飼料として使われるようになった結果、トウモロコシ生産の増大は食肉生産および消費の増大をもたらした。さらに、安価な甘味料(高果糖コーンシロップ)としての使用も広まり、清涼飲料水をはじめ、ありとあらゆる「ジャンク・フード」に添加されるようになり、(栄養を伴わない余分な)カロリー摂取が著しく増大した。
 
 実は、米国でトウモロコシ生産が増加し続けた最大の理由は、穀類(特にトウモロコシ)重視の補助金政策が採られてきたことにあり、米国農業政策が肥満原性社会を作ったとされる所以となっている。
 
 環太平洋経済連携協定(TPP)交渉参加問題が浮上し、日本の食と農が崩壊する危険が懸念されているが、米国型の食が席巻することになれば、日本もまた肥満大国となる運命が待っているかもしれないのである。

 り・けいじゅう 1954年、東京都生まれ。80年京都大学医学部卒業。90年ハーバート大学医学部研究員、93年同講師、98年同助教授。2002年から文筆業に専念。米国ボストン在住。
 
(引用終)

―(引用者)ラジ・パテル『新自由主義を見直せ』|日本農業新聞6月4日http://tl.gd/hmv7tq でも、NAFTA締結後メキシコの肥満率が急上昇したことが言及されている

●本日のトップページ⇒ http://bit.ly/Naqiwu 携帯版⇒ http://bit.ly/NaqhbL

【反新自由主義の砦】日本農業新聞1部売りで入手するには⇒①アキバ本社1F受付(ヨドバシカメラの前の通りを上野方向に徒歩3分右手の赤茶のビル)②大手町JAビル(経団連ビルの隣)地下1階農文協書店で入手可。1部92円。バックナンバーもある。なお03(5295)7410に電話して@ja_tppさんのツイッターを見たと言えば郵送で送ってくれる。送料込みで150円前後。

月極め(2550円。北海道は2450円)購読希望の方は⇒フリーダイアル(0120)101630か、ネット版⇒ http://www.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=47

  1. 2012/08/20(月) 07:35:23|
  2. TPP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【日本農業新聞21日TPP関連記事】2012.8.21 | ホーム | 【重要】『GM飼料・添加物 安全性の意見募集 農水省』|日本農業新聞20日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyantomah.blog101.fc2.com/tb.php/354-3c4b05ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

SINCE 2007.3.21

プロフィール

にゃんとま~

Author:にゃんとま~
\(^^*)X(*^^)/好きなモン=放浪(流浪・浮浪)・純米酒・聡明な女性・モーグリ・ビワ・国産柑橘類・投票(主に南関ケーバだがもちろんセンキョも). ▼嫌いなモン=カルト的に【自己責任】を強制する【新自由主義・リバタリアニズム】・『バクチ経済』の延命策であるTPP・核・原発・GMO・差別・排外主義・国家そのもの

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

Twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

政治 (2)
社会 (4)
経済 (1)
TPP (876)
TPP・GMO (9)
TPP・WTO (3)
TPP・EPA (2)
TPP・農政 (13)
TPP・農業 (5)
TPP・その他 (7)
GMO (7)
WTO (1)
EPA (3)
BSE (0)
原発・核・放射能 (1)
農業 (1)
農政 (1)
お知らせ (17)
未分類 (0)

RSSリンクの表示

QRコード[ケータイ版](修正済)

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。