にゃんとま~の放浪記

(C)にゃんとま~2007-2014無断転用・無断転載を禁ず

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本モンサント茨城農場包囲ツアー・追記

 ツアーにご参加されたルナ・オーガニック・インスティテュートの安田美絵さんから、ブログをご覧になられて貴重なご意見を戴いたので転載したいと思う。

 安田美絵さん「ブログにあった過去のモンサントの栽培実験の件ですが、トウモロコシに関しては除雄(雄蕊が花粉を飛ばす前に取り除いてしまう)していたようですし、大豆は自家受粉(花が閉じた状態で同じ花の中の雄蕊の花粉を雌蕊が受粉する)なので仮に花粉が飛んでも交雑する可能性は低いと言われています。よく交雑の問題が取りざたされるのは菜種ととうもろこしで、こちらは風媒花なので、厳重に管理する必要があるため、除雄したわけですね。なので、とりあえずこの過去のケースでは花粉は飛んでいない(とうもろこしの場合)もしくは飛んでもそれが交雑には結びつかない(大豆の場合)、と見てよいのではと思われます。ご参考まで」

 安田美絵さん、ありがとうございます。

 というワケで、過去の栽培実験に関しては最悪の事態は免れていたようだ。

 まぁ、だからと言って、これからも安心というわけでもない。じっさい以下のような例が同じ茨城県下で起きているからだ。

 農業情報研究所 鹿島港周辺でセイヨウナタネが生育、3分の1はGMO―農水省調査が確認 2004.6.30

 
 少なくとも、日本モンサントの国内唯一の実験農場を定期的に監視する必要は絶対にあると思っている。
  1. 2012/03/20(火) 01:00:33|
  2. GMO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<TPPの狙いは貿易ではなく投資 | ホーム | 雨中ご参加多謝・ツアーご報告>>

コメント

買収したそうですhttp://www.gizmodo.jp/2012/04/post_10292.html
  1. 2012/04/28(土) 12:56:14 |
  2. URL |
  3. pon #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyantomah.blog101.fc2.com/tb.php/4-422d2962
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

SINCE 2007.3.21

プロフィール

にゃんとま~

Author:にゃんとま~
\(^^*)X(*^^)/好きなモン=放浪(流浪・浮浪)・純米酒・聡明な女性・モーグリ・ビワ・国産柑橘類・投票(主に南関ケーバだがもちろんセンキョも). ▼嫌いなモン=カルト的に【自己責任】を強制する【新自由主義・リバタリアニズム】・『バクチ経済』の延命策であるTPP・核・原発・GMO・差別・排外主義・国家そのもの

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

Twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

政治 (2)
社会 (4)
経済 (1)
TPP (876)
TPP・GMO (9)
TPP・WTO (3)
TPP・EPA (2)
TPP・農政 (13)
TPP・農業 (5)
TPP・その他 (7)
GMO (7)
WTO (1)
EPA (3)
BSE (0)
原発・核・放射能 (1)
農業 (1)
農政 (1)
お知らせ (17)
未分類 (0)

RSSリンクの表示

QRコード[ケータイ版](修正済)

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。