にゃんとま~の放浪記

(C)にゃんとま~2007-2014無断転用・無断転載を禁ず

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【重要】『国産への影響必至 流通業者は対応の動き 米国産牛肉規制緩和』|日本農業新聞6日

(引用始め)(色付け、【超重要】【重要】、などは引用者による。また(引用者)とある場合も同じ)

【重要】『国産への影響必至 流通業者は対応の動き 米国産牛肉規制緩和』

 内閣府の食品安全委員会プリオン専門調査会が5日、米国産など輸入牛肉の月齢制限緩和を容認する評価書案を了承したことに対し、日本国内の肉牛関係者は危機感を強めている。安価な米国産牛肉の輸入が増えれば、ホルスタインや交雑種(F1)だけでなく、和牛の裾物も価格面で競合するとみられ、国産価格への影響を心配する。一方、流通業者は、品質面からオーストラリア産からの切り替えが進むとみている。

 「国産牛への影響は避けられない」。熊本県JA菊池の宇野年行畜産部長は不安をのぞかせる。JA管内では2010年度から配合飼料の8%を飼料用米に置き換えた「えこめ牛」の本格出荷を始めた。一般的な国産牛に比べ高く取引され、販路も少しずつ広がっている。12年度はF1を2750頭、ホルスを2800頭出荷する計画。宇野部長は「付加価値で米国産に対抗したい」と考える。半面、もと牛の価格高や、今後の飼料高も想定されるため「楽観はできない」と話す。

 価格が高い和牛産地にも影響を懸念する声がある。「和牛といえども、裾物は米国産との競合でダメージを受けることになる」(岩手県のJA)、「経済状況が苦しい状態では、少しでも安い商材にシェアを奪われかねない」(栃木県のJA)と警戒する。

 米国産牛肉の輸入量(財務省の貿易統計)は、同国内での牛海綿状脳症(BSE)感染牛の発見前の03年が26万7000㌧の実績。05年の輸入再開以降、徐々に増え11年は12万㌧に伸びた。輸入規制が緩和されればさらに増える可能性がある。

 流通業界では米国産牛肉の輸入規制緩和に備える動きも。大阪市が本社の輸入業者は輸入制限が30カ月に緩和されることを想定し「現状の米国産より高単価で国産のF1に近い感覚で売れる商品づくりを狙う」という。

 対日輸出を伸ばしてきたオーストラリア産は減少する可能性もあり、月齢が高い牛肉は脂肪分が多いため、より日本人向きとなる米国産に輸入物が切り替わるとみている。

(引用終)

―(引用者)現状の政策が変わらなければ社会の格差が広がっていくわけで、底辺層が食べられる牛肉が米国産に置き換わっていくのは避けられない。

●6日のトップページ⇒ http://bit.ly/TkvbnU 携帯版⇒ http://bit.ly/Tkvbo0

【反新自由主義の砦】日本農業新聞1部売りで入手するには⇒①アキバ本社1F受付(ヨドバシカメラの前の通りを上野方向に徒歩3分右手の赤茶のビル)②大手町JAビル(経団連ビルの隣)地下1階農文協書店で入手可。1部92円。バックナンバーもある。なお03(5295)7410に電話して@ja_tppさんのツイッターを見たと言えば送ってくれる。

月極め(2550円。北海道は2450円)購読希望の方は⇒フリーダイアル(0120)101630か、ネット版⇒ http://www.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=47
  1. 2012/09/06(木) 15:25:46|
  2. TPP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【重要】【解説】『輸入牛肉規制緩和 消費者への説明必須 乏しい米国データに不安』|日本農業新聞6日 | ホーム | 【重要】『農業 交渉方針検討し方向 TPPで考え方 民主PT』|日本農業新聞6日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyantomah.blog101.fc2.com/tb.php/433-7ca8f800
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

SINCE 2007.3.21

プロフィール

にゃんとま~

Author:にゃんとま~
\(^^*)X(*^^)/好きなモン=放浪(流浪・浮浪)・純米酒・聡明な女性・モーグリ・ビワ・国産柑橘類・投票(主に南関ケーバだがもちろんセンキョも). ▼嫌いなモン=カルト的に【自己責任】を強制する【新自由主義・リバタリアニズム】・『バクチ経済』の延命策であるTPP・核・原発・GMO・差別・排外主義・国家そのもの

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

Twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

政治 (2)
社会 (4)
経済 (1)
TPP (876)
TPP・GMO (9)
TPP・WTO (3)
TPP・EPA (2)
TPP・農政 (13)
TPP・農業 (5)
TPP・その他 (7)
GMO (7)
WTO (1)
EPA (3)
BSE (0)
原発・核・放射能 (1)
農業 (1)
農政 (1)
お知らせ (17)
未分類 (0)

RSSリンクの表示

QRコード[ケータイ版](修正済)

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。