にゃんとま~の放浪記

(C)にゃんとま~2007-2014無断転用・無断転載を禁ず

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【超重要】『上院財政委・ボーカス委員長 日本市場開放へ「闘う」 米国産牛肉輸入規制緩和で声明』|日本農業新聞7日

(引用始め)(色付け、【超重要】【重要】、などは引用者による。また(引用者)とある場合も同じ)

【超重要】『上院財政委・ボーカス委員長 日本市場開放へ「闘う」 米国産牛肉輸入規制緩和で声明』

 「モンタナ州の牛肉にとって、すばらしい前進となるニュースだ」。米国産牛肉の輸入規制緩和を容認する内閣府の食品安全委員会プリオン専門調査会の評価書案を受け、米国上院財政委員会のボーカス委員長(モンタナ州選出)が5日、「モンタナ州の牛肉のために闘い続ける」と題した声明を発表した。
 
 同委員長の地元・モンタナ州は、全米でも有数の畜産の盛んな州。同委員長は8月に来日して野田佳彦首相らと会談し、米国産牛肉の輸入規制緩和を強く求めたばかりだった。このため声明はその“勝利宣言”ともいえる内容。しかし同委員長は「闘いはまだ終わっていない。日本の市場を開放させるため、努力を続ける」と述べている。
 
 声明で同委員長は「日本の米国産牛肉に対する規制は、本当に、明らかに不公平だ」とも指摘する。米国産牛は牛の月齢にかかわらず安全だとする、国際獣疫事務局(OIE)や米農務省の科学的所見も引用。日本の農産物の関税は、先進国で最も高いとも批判する。
 
 財政委員会は、米上院でTPPなど通商政策を担当する。それだけに、日本の農林議員は警戒を強める。ある民主党議員は「TPPを通じ、さらなる月齢制限緩和や、関税撤廃を狙っているのではないか」と指摘。一方、自民党農林幹部は「外圧をかければ、日本は何でもすぐに応じると学んでしまったのではないか」と懸念する。

(引用終)

―(引用者)いわば「族議員」ひとりに「完全敗北」した哀れなニホン。

●7日のトップページ⇒ http://bit.ly/P042Tl 携帯版⇒ http://bit.ly/P044dE

【反新自由主義の砦】日本農業新聞1部売りで入手するには⇒①アキバ本社1F受付(ヨドバシカメラの前の通りを上野方向に徒歩3分右手の赤茶のビル)②大手町JAビル(経団連ビルの隣)地下1階農文協書店で入手可。1部92円。バックナンバーもある。なお03(5295)7410に電話して@ja_tppさんのツイッターを見たと言えば送ってくれる。

月極め(2550円。北海道は2450円)購読希望の方は⇒フリーダイアル(0120)101630か、ネット版⇒ http://www.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=47

  1. 2012/09/07(金) 06:04:02|
  2. TPP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『米国は歓迎』|日本農業新聞7日(時事通信6日) | ホーム | 【超重要】【解説】『来年の交渉 複雑化も』|日本農業新聞7日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyantomah.blog101.fc2.com/tb.php/441-1c756e98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

SINCE 2007.3.21

プロフィール

にゃんとま~

Author:にゃんとま~
\(^^*)X(*^^)/好きなモン=放浪(流浪・浮浪)・純米酒・聡明な女性・モーグリ・ビワ・国産柑橘類・投票(主に南関ケーバだがもちろんセンキョも). ▼嫌いなモン=カルト的に【自己責任】を強制する【新自由主義・リバタリアニズム】・『バクチ経済』の延命策であるTPP・核・原発・GMO・差別・排外主義・国家そのもの

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

Twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

政治 (2)
社会 (4)
経済 (1)
TPP (876)
TPP・GMO (9)
TPP・WTO (3)
TPP・EPA (2)
TPP・農政 (13)
TPP・農業 (5)
TPP・その他 (7)
GMO (7)
WTO (1)
EPA (3)
BSE (0)
原発・核・放射能 (1)
農業 (1)
農政 (1)
お知らせ (17)
未分類 (0)

RSSリンクの表示

QRコード[ケータイ版](修正済)

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。