にゃんとま~の放浪記

(C)にゃんとま~2007-2014無断転用・無断転載を禁ず

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【超重要】『TPPで豪糖業連盟 米国へ抗議声明 全品目関税撤廃を要求』|日本農業新聞21日

(引用始め)(色付け、【超重要】【重要】、などは引用者による。また(引用者)とある場合も同じ)

【超重要】『TPPで豪糖業連盟 米国へ抗議声明 全品目関税撤廃を要求』

 オーストラリアの製糖業者などでつくる糖業連盟が19日、環太平洋連携協定(TPP)で同国産の砂糖を関税撤廃の除外扱いとする方針の米国政府に対し抗議声明を発表した。米国の交渉姿勢を批判し、TPPによる全品目の関税撤廃を要求。仮に日本が交渉に参加し農産物などの重要品目の例外扱いを求めても受け入れられず、関税の全廃を求められるのは必至だ。

 米国は低関税輸入枠(関税割り当て)で砂糖の輸入を制限し、2005年発効のオーストラリアとの自由貿易協定(FTA)でも関税撤廃の除外扱いとした。オーストラリアはTPP交渉の中で、砂糖について再交渉と市場開放を要求。しかし米通商代表部(USTR)高官は8月、FTAを発効済みの国とは関税について再交渉しない方針を表明している。

 オーストラリア糖業連盟のクリストード代表は声明で「TPPの中に砂糖がなければならない」と主張。「関税と関税割り当ては21世紀の貿易協定であるTPPの中に居場所はない」と指摘した。

(引用終)

―(引用者)USTRはUSTRで全米精糖業界に対して米豪FTA再交渉せずを言明して拍手喝采を浴びている。ここでのポイントは日本のTPP推進派が夢想する―日本の農産物における重要品目(米など)は関税撤廃の例外になる―ということがあり得ないということだ。

●21日のトップページ⇒ http://bit.ly/PMPTr0 携帯版⇒ http://bit.ly/PMPViI

【反新自由主義の砦】日本農業新聞入手方法:1部売り⇒①アキバ本社1F受付(ヨドバシカメラの前の通りを上野方向に徒歩3分)②大手町JAビル(経団連ビルの隣)地下1階農文協・農業書センター。1部92円。バックナンバーもある。また03(5295)7410に電話すれば送ってもらえる。

月極め(2550円。北海道は2450円)⇒(0120)101630もしくは⇒ http://www.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=47

  1. 2012/09/21(金) 14:47:19|
  2. TPP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『規制緩和に不安の声 BSE対策で食安委が説明会』|日本農業新聞21日 | ホーム | 【日本農業新聞21日TPP関連記事】2012.9.21>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyantomah.blog101.fc2.com/tb.php/496-9992fc87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

SINCE 2007.3.21

プロフィール

にゃんとま~

Author:にゃんとま~
\(^^*)X(*^^)/好きなモン=放浪(流浪・浮浪)・純米酒・聡明な女性・モーグリ・ビワ・国産柑橘類・投票(主に南関ケーバだがもちろんセンキョも). ▼嫌いなモン=カルト的に【自己責任】を強制する【新自由主義・リバタリアニズム】・『バクチ経済』の延命策であるTPP・核・原発・GMO・差別・排外主義・国家そのもの

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

Twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

政治 (2)
社会 (4)
経済 (1)
TPP (876)
TPP・GMO (9)
TPP・WTO (3)
TPP・EPA (2)
TPP・農政 (13)
TPP・農業 (5)
TPP・その他 (7)
GMO (7)
WTO (1)
EPA (3)
BSE (0)
原発・核・放射能 (1)
農業 (1)
農政 (1)
お知らせ (17)
未分類 (0)

RSSリンクの表示

QRコード[ケータイ版](修正済)

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。