にゃんとま~の放浪記

(C)にゃんとま~2007-2014無断転用・無断転載を禁ず

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【超重要】【BSE対策 規制緩和を問う⑤】『効率追求の影で 食の安全に悪影響 市民バイオテクノロジー情報室 天笠啓祐氏』|日本農業新聞2日

(引用始め)(色付け、【超重要】【重要】、などは引用者による。また(引用者)とある場合も同じ)

【超重要】【BSE対策 規制緩和を問う⑤】『効率追求の影で 食の安全に悪影響 市民バイオテクノロジー情報室 天笠啓祐氏』

 米国産牛肉の問題は、牛海綿状脳症(BSE)対策だけではない。牛の発育を促進したり、乳量を増やしたりする成長ホルモン剤を米国では使っており、牛や人間の健康に悪影響を及ぼす恐れがある。
 
 中米プエルトリコで1980年代、成長ホルモンを投与した米国産牛肉を食べた女児の胸が大きくなったり、初潮が早まったりし、大きな社会問題となった。昔はオリンピック選手のドーピング剤としても使われ、選手の寿命が縮まるなどの副作用が指摘された。
 
 食べ物は腸内で分解されてアミノ酸の形で吸収され、再び体の中でたんぱく質に合成される。これを「たんぱく同化作用」というが、成長ホルモンが加わると、細胞分裂がより活発になってたんぱく質を増やし、がんを促進する作用があることも分かっている。
 
 牛の場合は乳房炎になりやすく、抗生物質をさらに使わなくてはならない。動物にも人にもリスクが高い。
 
 これを突き止めたのは、米国イリノイ大学のサミュエル・エプスタイン教授だ。教授の研究成果を受けて欧州は89年、ホルモン剤を使った米国産牛肉の輸入を禁止した。米国はこれを不服として世界貿易機関(WTO)に提訴し、欧州は負けた。しかし、欧州は今も禁輸を続けている
 
 成長ホルモンには天然型と合成型、遺伝子組み換え(GM)型の3種類があり、治療用を除いて日本は牛への投与を認めていない。その半面、ホルモン剤を与えた米国産牛肉の輸入は認めている。
 
 GMホルモンは牛に直接注射して肥育や乳量増産を促す。米国では今も多くの農家が使っており、使用するホルモン剤のほとんどがGMと考えられる。GM型と天然型は、牛本来のホルモンと見分けがつかないため、残留基準値を設定できない。米国内でGMや天然ホルモンをどれだけ使おうと、日本は分からない。
 
 環太平洋連携協定(TPP)に参加となれば米国からの承認圧力が強まり、日本でもGMホルモンが認可されるのではないか、とても心配だ。
 
 あまがさ・けいすけ 1947年東京生まれ。早稲田大学理工学部卒。雑誌の編集者を経て現職。GM作物など食の安全問題に詳しい。

(引用終)

―(引用者)市民バイオテクノロジー情報室のHP⇒ http://www5d.biglobe.ne.jp/~cbic/

 日本はEUの輸入食物に対する毅然とした態度を見習うべきである。国民の食の安全より外国や企業の利益を優先するような行政を自民党時代から延々と続けてきた政府や官僚機構は許し難い。

▼日本農業新聞【BSE対策 規制緩和を問う】9月25日~10月3日

 ①『「非定型」の問題 科学的不明点残る』9月25日 http://bit.ly/UMD2cX 携帯版⇒ http://bit.ly/UMD04T
 ②『安全性の日米格差 特定部位不安残る』9月26日 http://bit.ly/NQa6PY 携帯版⇒ http://bit.ly/NQa6jb
 ③『米国産牛肉の実態 検証できぬ食安委』9月28日 http://bit.ly/Rn6RiS 携帯版⇒ http://bit.ly/Rn6PHO
 ④『外交上の位置付け TPPの“入場料に”』9月29日 http://bit.ly/QMrZww 携帯版⇒ http://bit.ly/QMs17N
 ⑥『牛肉輸入の増加 肥育への打撃必至』10月3日 http://bit.ly/RbtfKm 携帯版⇒ http://bit.ly/Rbtipi

●2日のトップページ⇒ http://bit.ly/QkbDMC 携帯版⇒ http://bit.ly/QkbFEn

【反新自由主義の砦】日本農業新聞入手方法:1部売り⇒①アキバ本社1F受付(ヨドバシカメラの前の通りを上野方向に徒歩3分)②大手町JAビル(経団連ビルの隣)地下1階農文協・農業書センター。1部92円。バックナンバーもある。また03(5295)7410に電話すれば送ってもらえる。

月極め(2550円。北海道は2450円)⇒(0120)101630もしくは⇒ http://www.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=47

  1. 2012/10/02(火) 07:42:32|
  2. TPP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【重要】論説『野田改造内閣発足 TPP推進布陣に警戒』|日本農業新聞2日 | ホーム | 【日本農業新聞2日TPP関連記事】2012.10.2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyantomah.blog101.fc2.com/tb.php/529-2db60cee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

SINCE 2007.3.21

プロフィール

にゃんとま~

Author:にゃんとま~
\(^^*)X(*^^)/好きなモン=放浪(流浪・浮浪)・純米酒・聡明な女性・モーグリ・ビワ・国産柑橘類・投票(主に南関ケーバだがもちろんセンキョも). ▼嫌いなモン=カルト的に【自己責任】を強制する【新自由主義・リバタリアニズム】・『バクチ経済』の延命策であるTPP・核・原発・GMO・差別・排外主義・国家そのもの

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

Twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

政治 (2)
社会 (4)
経済 (1)
TPP (876)
TPP・GMO (9)
TPP・WTO (3)
TPP・EPA (2)
TPP・農政 (13)
TPP・農業 (5)
TPP・その他 (7)
GMO (7)
WTO (1)
EPA (3)
BSE (0)
原発・核・放射能 (1)
農業 (1)
農政 (1)
お知らせ (17)
未分類 (0)

RSSリンクの表示

QRコード[ケータイ版](修正済)

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。