にゃんとま~の放浪記

(C)にゃんとま~2007-2014無断転用・無断転載を禁ず

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『新自由主義に対峙 民主党有志研究会 エネルギー、TPP議論』|日本農業新聞25日

(引用始め)(色付け、【超重要】【重要】、などは引用者による。また(引用者)とある場合も同じ)

『新自由主義に対峙 民主党有志研究会 エネルギー、TPP議論』

 山田正彦元農相や川内博史氏(衆・鹿児島)ら民主党有志が立ち上げた政策研究会「コモンズ」は24日、東京・永田町で初の定例会を開き活動を本格化させた。エネルギー政策の見直しをテーマに、講師を招いて「原発ゼロ」実現の可能性などを探った。今後、環太平洋連携協定(TPP)を含む外交政策や日米関係など、民主党政権が抱える課題を掘り下げていく考えだ。
 
 研究会は、現政権が傾倒する新自由主義に対峙し、ボトムアップ型の国民に開かれた議論を展開する狙い。会合には筒井信孝前農水副大臣や篠原孝元農水副大臣、平岡秀夫元法務相ら15人が参加した。
 
 環境エネルギー政策研究所の飯田哲也所長が、原発事故を教訓にした脱原発の実現シナリオについて講演し、重要な政策課題である原発ゼロに向け、責任ある政治を求めた再生可能エネルギーについては「これまで絶えず過小評価されながらも、現実には普及してきた」と指摘し、地域経済の活力を引き出す効果も説明した。
 
 研究会は講師を迎えた勉強会を精力的に開くほか、11月には沖縄視察も予定する。
 
(引用終)

(引用者)この記事だけで判断すれば、この政策研究会が少なくとも①現政権が新自由主義色が濃いと判断し②新自由主義がともすれば反民主主義になりうること―を認識していることは明らかだ。

●25日のトップページ⇒ http://bit.ly/QYB7O0 携帯版⇒ http://bit.ly/QYB5FS

【反新自由主義の砦】日本農業新聞1部売り⇒①本社(台東区秋葉原2番3号)1F受付【反新自由主義のパラダイス】大手町JAビル地下1階農文協・農業書センター。バックナンバーあり。送付希望は03(5295)7410へ。 月極め(0120)101630http://bit.ly/H0rZIB

  1. 2012/10/25(木) 07:28:37|
  2. TPP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【重要】『政府のTPP意見交換会 87回8800人どまり』|日本農業新聞25日 | ホーム | 【重要】『野党6党1会派 TPP参加反対 次期衆院選へ共同公約案』|日本農業新聞25日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyantomah.blog101.fc2.com/tb.php/597-20d464b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

SINCE 2007.3.21

プロフィール

にゃんとま~

Author:にゃんとま~
\(^^*)X(*^^)/好きなモン=放浪(流浪・浮浪)・純米酒・聡明な女性・モーグリ・ビワ・国産柑橘類・投票(主に南関ケーバだがもちろんセンキョも). ▼嫌いなモン=カルト的に【自己責任】を強制する【新自由主義・リバタリアニズム】・『バクチ経済』の延命策であるTPP・核・原発・GMO・差別・排外主義・国家そのもの

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

Twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

政治 (2)
社会 (4)
経済 (1)
TPP (876)
TPP・GMO (9)
TPP・WTO (3)
TPP・EPA (2)
TPP・農政 (13)
TPP・農業 (5)
TPP・その他 (7)
GMO (7)
WTO (1)
EPA (3)
BSE (0)
原発・核・放射能 (1)
農業 (1)
農政 (1)
お知らせ (17)
未分類 (0)

RSSリンクの表示

QRコード[ケータイ版](修正済)

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。