にゃんとま~の放浪記

(C)にゃんとま~2007-2014無断転用・無断転載を禁ず

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【重要】『TPP 首相「政権公約」に 反対・慎重派は猛反発』|日本農業新聞11日

(引用始め)(色付け、【超重要】【重要】、などは引用者による。また(引用者)とある場合も同じ)

【重要】『TPP 首相「政権公約」に 反対・慎重派は猛反発』

 野田佳彦首相は10日、環太平洋連携協定(TPP)の交渉参加方針について、次期衆院選の民主党マニフェスト(政権公約)に書き込む考えを表明した。視察先の福岡市内で、記者団に「TPPと日中韓自由貿易協定(FTA)などを同時に追求するのが基本姿勢で、これはマニフェストに明記することになると思う」と述べた。しかし、同党内ではTPP交渉参加に党幹部や農林関係議員を中心に反対・慎重論が強く、野田首相の一連のTPP前のめり姿勢に離党覚悟の猛反発が起きている。
 
 野田首相は年内も視野に衆院解散の時期を探っている。TPP交渉推進方針を党マニフェストに書き込む考えを表明したのは、自民党が「聖域なき関税撤廃」反対方針でTPP交渉参加に慎重姿勢にあることから、対立軸にする狙いがあるとみられる。
 
 ただ、TPPをめぐっては、民主党内に賛否両論があり、米国など一部交渉参加国との事前協議も終わっていない。このため首相はTPP交渉参加表明については「特定の時期に特定の表明をする方針を固めたわけではない。協議をしている状況だ」と指摘した。衆院選の争点になるかとの問いには「分からない。国民にわれわれの考えを示す必要がある」と述べた
 
 首相は10月29日の所信表明演説で「国益の確保が大前提」とした上で、TPPと日中韓FTA、日中韓に東南アジア諸国連合(ASEAN)などを加えた「東アジア地域包括的経済連携(RCEP)」の三つを同時並行的に推進する考えを示した
 
 民主党内の「TPPを慎重に考える会」など反対・慎重派は、首相の姿勢が党経済連携プロジェクトチームがまとめた「慎重に判断することを求める」との見解を踏みにじるものとして反発。9日に首相が交渉参加検討との憶測が飛び交うと、さらに緊張感を高めた。同会の山田正彦会長は同日、輿石東党幹事長に面会。「参加表明して解散するのか」とただすと、輿石幹事長は「そんなことで解散することはあり得ない」と否定。「今、解散したら50~60人しか当選しない」との見方も示し、年内解散に反対する姿勢を強調した。
 
(引用終)

(引用者)一部報道によると、野田首相は尖閣諸島国有化で対立している日中関係をこれ以上こじらせることを絶対避けようとしているとのことである。ゆえに日中韓FTA交渉は予定通り進むと思われる。

 しかしながら、性格の大きく異なるTPPと、日中韓FTA、RCEPを同時並行的に進めることは理念的に矛盾があり、したがってこの発言じたいはTPP交渉参加を狙ったカモフラージュである。
 
 なお昨日の日本農業新聞記事にも山田正彦元農相と輿石東幹事長の会談の記事があったが、輿石氏は昨年APEC直前にとった行動から信頼できず、TPP慎重派が取り込まれる危険性がある。

●11日のトップページ⇒ http://bit.ly/ZkPodD 携帯版⇒ http://bit.ly/ZkPli7

【反新自由主義の砦】日本農業新聞1部売り⇒①本社(台東区秋葉原2番3号)1F受付【反新自由主義のパラダイス】大手町JAビル地下1階農文協・農業書センター。バックナンバーあり。送付希望は03(5295)7410へ。 月極め(0120)101630http://bit.ly/H0rZIB

  1. 2012/11/11(日) 06:00:44|
  2. TPP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『超党派が緊急集会 15日、東京で反対決議』|日本農業新聞11日 | ホーム | 【日本農業新聞11日TPP関連記事】2012.11.11>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyantomah.blog101.fc2.com/tb.php/611-8d8b9e46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

SINCE 2007.3.21

プロフィール

にゃんとま~

Author:にゃんとま~
\(^^*)X(*^^)/好きなモン=放浪(流浪・浮浪)・純米酒・聡明な女性・モーグリ・ビワ・国産柑橘類・投票(主に南関ケーバだがもちろんセンキョも). ▼嫌いなモン=カルト的に【自己責任】を強制する【新自由主義・リバタリアニズム】・『バクチ経済』の延命策であるTPP・核・原発・GMO・差別・排外主義・国家そのもの

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

Twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

政治 (2)
社会 (4)
経済 (1)
TPP (876)
TPP・GMO (9)
TPP・WTO (3)
TPP・EPA (2)
TPP・農政 (13)
TPP・農業 (5)
TPP・その他 (7)
GMO (7)
WTO (1)
EPA (3)
BSE (0)
原発・核・放射能 (1)
農業 (1)
農政 (1)
お知らせ (17)
未分類 (0)

RSSリンクの表示

QRコード[ケータイ版](修正済)

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。