にゃんとま~の放浪記

(C)にゃんとま~2007-2014無断転用・無断転載を禁ず

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【超重要】『東京大学大学院教授 鈴木宣弘氏 暴力的なTPP止めよ』|日本農業新聞9日

●これは11月9日の記事です。●本日11月12日は新聞休刊日。●11月11日のトップページ⇒ http://bit.ly/ZkPodD 携帯版⇒ http://bit.ly/ZkPli7

(引用始め)(色付け、【超重要】【重要】、などは引用者による。また(引用者)とある場合も同じ)

【超重要】『東京大学大学院教授 鈴木宣弘氏 暴力的なTPP止めよ』

 野田佳彦首相が10月29日の所信表明演説で、環太平洋連携協定(TPP)と日中韓自由貿易協定(FTA)、東南アジア諸国連合(ASEAN)+6(日中韓、インド、オーストラリア、ニュージーランド)の東アジア域内包括的経済連携(RCEP)を同時並行的に進めると述べたことは重大である。
 
 11月18~20日に開かれる東アジア首脳会議(サミット)の一連の会合ではRCEPの、また年内には日中韓FTAの交渉開始宣言がそれぞれ予定されているから、東アジアサミットの場でTPPについても日本の交渉参加への道筋をつけようとしていると考えられる。
 
 米国を抜きにしたアジアの経済連携の具体化に対して米国の不満は大きい。中国やASEANに対抗して、米国主導のブロックがアジアを席巻するための最前線として、TPP交渉への参加を日本に求める米国の圧力が強まっていると推察される。カトラー米通商代表部(USTR)代表補が来日し、10月18日に日本の主要メンバーと長時間会談したことからも分かる。しかし、国会議員が何十人も集まって政府に詰め寄っても「説明せよ」「説明する内容はない」の押し問答が延々と続くのみである。
 
 こうして国民も政治家も愚弄し、水面下で米国の求める「頭金」(参加承認の条件)の支払い水準を着々と詰めつつ、首相の所信表明のように、TPP交渉への参加を既成事実化するような発言が出て、いよいよタイミングの問題だけとなっている。
 
 「日中韓FTAもRCEPもTPPも同時に進めればよい」と言う政府の論理は破たんしている
 
 RCEPにはオーストラリアとニュージーランドも含まれてはいるが、アジア諸国の主導で柔軟で互恵的なルールを交渉できる可能性はある。しかしTPPも同時に進めると、オーストラリアに対して日本は、TPPでは全ての関税を撤廃すると約束し、一方でRCEPでは多くの例外を認めてもらう交渉をするということは両立し得ない。柔軟で互恵的な経済連携を推進し、「暴力的な」TPPを止めなくては世界の将来は暗い。
 
 多くの国民が、そして良識ある政治家が覚悟を持ってTPP交渉参加阻止のために取り組んでいる。しかし米国との「頭金」交渉の内容について議員などが追及しても政府は「そんな交渉はしていない」と見え透いたウソをつき続け、何も回答の得られない会議が何十回も繰り返されてきた。その陰で裏交渉は煮詰まりつつある
 
 ならば、さらなる覚悟を持って国民無視の暴走を一日も早く止めなくてはならないが、その覚悟が議員の皆さんにも本当にあるだろうか。「頑張ったけど駄目でした」では、努力がパフォーマンスとアリバイづくりで終わってしまうことを肝に銘じるときであろう。自己の目先の利益と保身のために国民を見捨てて生き延びても、そんな人生は楽しいだろうか。(寄稿)
 
(引用終)

(引用者)鈴木宣弘東大大学院教授の渾身のメッセージ。6日にもほぼ同内容の「緊急メッセージ」を発している。ここにある通り、「「日中韓FTAもRCEPもTPPも同時に進めればよい」と言う政府の論理は破たんしている」。

 さらに踏み込むならば、TPPは無論のことFTAやEPA、RCEPなどの経済連携じたい、本当に推進すべきなのかどうかの議論もあっていいとも思われる。自由貿易が幻想に過ぎないこと認識すべきだ

●7-10日のトップページ⇒ http://bit.ly/Z1cSp2 携帯版⇒ http://bit.ly/Z1cSp3

【反新自由主義の砦】日本農業新聞1部売り⇒①本社(台東区秋葉原2番3号)1F受付【反新自由主義のパラダイス】大手町JAビル地下1階農文協・農業書センター。バックナンバーあり。送付希望は03(5295)7410へ。 月極め(0120)101630http://bit.ly/H0rZIB

  1. 2012/11/12(月) 12:26:02|
  2. TPP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【超重要】『TPP参加へ早急な判断言及 経産相』|日本農業新聞9日 | ホーム | 【重要】【異議あり③】『兵庫県保険医協会 池内春樹理事長 命守る制度なくなる』|日本農業新聞9日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyantomah.blog101.fc2.com/tb.php/618-4ee902c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

SINCE 2007.3.21

プロフィール

にゃんとま~

Author:にゃんとま~
\(^^*)X(*^^)/好きなモン=放浪(流浪・浮浪)・純米酒・聡明な女性・モーグリ・ビワ・国産柑橘類・投票(主に南関ケーバだがもちろんセンキョも). ▼嫌いなモン=カルト的に【自己責任】を強制する【新自由主義・リバタリアニズム】・『バクチ経済』の延命策であるTPP・核・原発・GMO・差別・排外主義・国家そのもの

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

Twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

政治 (2)
社会 (4)
経済 (1)
TPP (876)
TPP・GMO (9)
TPP・WTO (3)
TPP・EPA (2)
TPP・農政 (13)
TPP・農業 (5)
TPP・その他 (7)
GMO (7)
WTO (1)
EPA (3)
BSE (0)
原発・核・放射能 (1)
農業 (1)
農政 (1)
お知らせ (17)
未分類 (0)

RSSリンクの表示

QRコード[ケータイ版](修正済)

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。