にゃんとま~の放浪記

(C)にゃんとま~2007-2014無断転用・無断転載を禁ず

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【重要】【TPP阻止 主要各党 緊急インタビュー③】『国民の生活が第一 山岡賢次氏・公明党農林水産部会長 石田祝稔氏』|日本農業新聞13日

(引用始め)(色付け、【超重要】【重要】、などは引用者による。また(引用者)とある場合も同じ)

【重要】【TPP阻止 主要各党 緊急インタビュー③】『国民の生活が第一 山岡賢次氏・公明党農林水産部会長 石田祝稔氏』

 大義掲げて実体なし 国民の生活が第一 山岡賢次氏

   ―環太平洋連携協定(TPP)交渉参加問題に対する野田政権の対応をどう見ていますか。

 美辞麗句の大義を掲げながら実体がないという、野田政権の特徴を端的に表している。TPPについては政府からの十分な情報開示と国民的議論を前提としているが、実際はほとんど行われていない。消費税増税ありきの社会保障と税の一体改革と同様、国民の利益に反することを再び強引に推し進めようとしている。

 また、首相はTPPと日中韓自由貿易協定(FTA)、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)を同時並行的に推進する方針を打ち出しているが、これも「野田流カムフラージュ」だ。米国との交渉が中心となるTPPをアジアの繁栄にこじつけ、国民の錯覚を狙う意図が透けて見える

 支持率がここまで低下している中、現政権は真の意味で国民を代表する政治をできる状態ではない。延命のための点数稼ぎも、国益や民意に反する結果となる可能性が高い。

   ―TPPに対して最も懸念していることは何ですか。

 例外なき関税撤廃で第1次産業を破壊し、日本の経済・社会の仕組みや生活・文化にまで大きな変化をもたらすことだ。日本人は天地自然の法則に従って大地とともに生き、家族に軸足を置いた仕組みに強さと良さがある。それを失った日本はただの小国だ。さらに、信念のない官僚主導の外交で大国のいいなりになれば、食料とエネルギーの国内自給すらままならない。

   ―新自由主義に傾倒している野田政権についてどう思いますか。

 民主党が政権を担えたのは、政治に民意を忠実に反映させることを国民と約束したからだ。しかし、民意に反して新自由主義の方向に急激にかじを切っていった。自分たちの都合を押し付けるだけの政治は、国を滅ぼすことになる。

 わが党を中心に野党6党と1会派でつくる「民意の実現を図る国民連合」は、TPP交渉参加に反対する方針を掲げた。交渉参加阻止に向け、政治が一丸となる時だ。

 揺さぶりに屈するな 公明党農林水産部会長 石田祝稔氏

   ―11月の東アジア首脳会議(サミット)で、野田佳彦首相がTPP交渉参加を表明するのではないかとの懸念が高まっています。国民的議論は尽くされたと思いますか。

 8日の衆院農林水産委員会で、郡司彰農相はじめ農水省の政務三役全員にTPPについて認識をただした。情報が十分開示されず、国民的議論が不足しているという認識で一致していた。

 不幸なことに、TPPについては貿易自由化と農林水産業の2項対立の構図が独り歩きし、農業対策だけ講じればいい、との誤解を国民に与えている。知的所有権や投資家・国家控訴(ISD)条項、保険分野など、農業以外にも影響を議論する余地はたくさんある。そうした手続きもなく「バスに乗り遅れるな」という観点だけで政府は拙速に判断すべきではない。

   ―情報開示や国民的議論で優先すべきことはなんですか。

 国民にとってメリットとデメリットを明確にすることに尽きる。内閣府はTPP参加による経済効果を10年間で2兆7000億円と試算しているが、これは物品貿易に限った話だ。その他のISD条項や知的所有権など、影響を定量的にカウントできない分野も数多くある。

 「例外なき関税撤廃」はもちろんだが、数字に表れない非関税分野も含めて国の形を変えられることは避けなければならない。

   ―オバマ米大統領の再選を機にTPP推進圧力が高まっています。

 財務省の財政制度審議会分科会で、戸別所得補償制度恒久化や転作奨励金の見直しなどを農林水産予算の論点に挙げたのも、タイミングが良すぎる。TPP交渉参加に向けた地ならしにもとれる。さらに、民主党がTPPを選挙の対立軸にしようと極めてよこしまな考えをちらつかせている。国の将来に関わることを選挙の道具にしてはならない。

 こうした揺さぶりに屈することなく、超党派で問題を共有し、政府の前のめり姿勢を止めなければならない。(聞き手・阪上裕基)
 
(引用終)

(引用者)「民意の実現を図る国民連合」ではTPP反対の方針を掲げたが、国民の生活が第一の党じしんの基本政策にはTPP反対は入っていない。当初入れる予定だったのが外したとされる東幹事長がゴリゴリのTPP推進派であるため、方々から疑念を抱かれている。要らぬ疑念を抱かれるくらいなら、基本方針にTPP反対を明記すべきではなかったか。

 公明党の石田氏は農林議員で、ここでの読みは鋭い。

●13日のトップページ⇒ http://bit.ly/SXojeS 携帯版⇒ http://bit.ly/SXojv6

【反新自由主義の砦】日本農業新聞1部売り⇒①本社(台東区秋葉原2番3号)1F受付【反新自由主義のパラダイス】大手町JAビル地下1階農文協・農業書センター。バックナンバーあり。送付希望は03(5295)7410へ。 月極め(0120)101630http://bit.ly/H0rZIB

  1. 2012/11/13(火) 18:24:37|
  2. TPP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【超重要】『TPP公約化 「政局の道具」 山田福井県中央会会長』|日本農業新聞13日+【超重要】『JA、「TPP賛成なら選挙で推さない」 各党に態度表明迫る』|朝日新聞13日 | ホーム | 【重要】『民主・次期衆院選公約 TPP是非で対立 前のめり発言に不信の声』|日本農業新聞13日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyantomah.blog101.fc2.com/tb.php/631-5f2cc073
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

SINCE 2007.3.21

プロフィール

にゃんとま~

Author:にゃんとま~
\(^^*)X(*^^)/好きなモン=放浪(流浪・浮浪)・純米酒・聡明な女性・モーグリ・ビワ・国産柑橘類・投票(主に南関ケーバだがもちろんセンキョも). ▼嫌いなモン=カルト的に【自己責任】を強制する【新自由主義・リバタリアニズム】・『バクチ経済』の延命策であるTPP・核・原発・GMO・差別・排外主義・国家そのもの

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

Twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

政治 (2)
社会 (4)
経済 (1)
TPP (876)
TPP・GMO (9)
TPP・WTO (3)
TPP・EPA (2)
TPP・農政 (13)
TPP・農業 (5)
TPP・その他 (7)
GMO (7)
WTO (1)
EPA (3)
BSE (0)
原発・核・放射能 (1)
農業 (1)
農政 (1)
お知らせ (17)
未分類 (0)

RSSリンクの表示

QRコード[ケータイ版](修正済)

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。