にゃんとま~の放浪記

(C)にゃんとま~2007-2014無断転用・無断転載を禁ず

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【重要】【TPP阻止 主要各党 緊急インタビュー④】『共産党農林・漁民局長 紙智子氏・社民党農林水産部会長 吉泉秀男氏』|日本農業新聞14日

(引用始め)(色付け、【超重要】【重要】、などは引用者による。また(引用者)とある場合も同じ)

【重要】【TPP阻止 主要各党 緊急インタビュー④】『共産党農林・漁民局長 紙智子氏・社民党農林水産部会長 吉泉秀男氏』

 ごまかし許されない 共産党農林・漁民局長 紙智子氏
 
   ―政府の環太平洋連携協定(TPP)への姿勢をどうみますか。
   
 民主党政権でTPP推進に前のめりなのは野田佳彦首相と一部の閣僚だけだ。民主党内でまとまっているわけではない。そういう状況でTPPに突き進めば、かえって国際社会の信頼を失いかねない。
 
 野田首相は「アジア太平洋自由貿易圏(FTAAP)の実現に向けてTPPを推進する」と述べているが、これは明らかにごまかしだ。関税や非関税障壁を撤廃するTPPは農業だけではなく、あらゆる分野に深刻な打撃を与える。そうした事実を国民の目からそらす狙いがあると思えてならない。
 
   ―18日から始まる東アジア首脳会議(サミット)などで、野田首相がTPP交渉への参加を表明する恐れはありませんか。
   
 政府の情報提供は極めて不十分で、国益にかなうかどうか判断できる状況ではない。東アジアサミットで参加を表明するのは全くの論外だ。
 
 国民の多くはTPPについて「全然説明されていない」と感じている。交渉参加関係国がどういう議論をしているのか分からない。野田首相は「美しい農村を守る」と言うが非常に抽象的で、どういう対策を考えているのかも不明だ。
 
 政府の説明は一方的で国民の疑問に答えていない。1年前、野田首相は「情報開示し、十分な国民的議論を経て判断する」と表明したが何も進展していない。
 
   ―野田首相はTPP交渉推進方針を次期衆院選のマニフェスト(政権公約)に書き込む考えも表明しました。
 
 国民の怒りが膨れ上がっている消費税増税や原発問題を争点から消そうという狙いがあるのではないか。
 
 そもそも、先の国会で参院は野田首相の問責決議を可決しており、できる限り早く解散するべきだ。選挙で争点にするべきなのは、消費税増税と原発問題、TPPの三つ。どれも欠けてはならない。これらを今国会で堂々と議論し、争点を明確にして国民の信を問うべきだ。(聞き手・拓植昌行)
 


 農の生産基盤壊すな 社民党農林水産部会長 吉泉秀男氏
 
   ―TPP交渉参加に対する政府の前のめりな姿勢にどう対応していきますか。
   
 社民党は、TPP交渉参加に一貫して反対してきた。日本が仮にTPPに参加した場合、農林漁業への打撃にとどまらず、保険や医療といった幅広い分野で国民の生活を大きく変えることになる。国民的な議論が尽くされていない中、交渉参加を表明することは決して許されない。
 
 TPP交渉参加をめぐる協議で米国政府は、日本に対して自動車、保険、牛肉の3分野で一層の市場開放を求めている。日本は輸入牛肉の月齢制限などを緩和する方針を決めたが、米国の要求に応じたかのように映る。畜産農家らは牛海綿状脳症(BSE)の発生以来、大変な努力を積み重ねてきた。消費者の信頼を回復する努力が失われるようなことがあってはならない。
 
   ―TPP参加と農林漁業再生は両立できると考えますか。
   
 戸別所得補償制度の導入や6次産業化推進で、ようやく農業の足腰を強くする環境が整ってきた。社民党も政権与党、そして今は野党の立場で農業の体質強化に取り組んできた。その矢先にTPPに参加し、農林水産物の関税を撤廃すれば、農業の生産基盤を壊し、折角軌道に乗り始めた農業政策の腰を折ることになる。
 
   ―次期衆院選の争点には何を据えますか。
   
 TPP反対、脱原発、消費税増税反対の三つが柱だ。社民党は「命を守ること」を基本に活動している。日本を元気にするには、まず地方を元気にしなければならない。野田首相は一日も早く衆院を解散し、国民の信を問うべきだ。
 
 日本は少子高齢化、人口減社会に突入した。その直撃を受けているのは農山漁村だ。地方を元気にするためには、農山漁村に人をどう呼び込んでいくかが大きな課題となる。
 
 ふるさと回帰の道筋を探り、地方を元気にする大胆な政策を打ち出せるよう、社民党は福島瑞穂党首を先頭に全力を挙げて取り組んでいく。(聞き手・桝沼志帆)(おわり)
 
(引用終)

(引用者)紙智子氏の読みは相変わらず鋭い。社民党はTPPだけではなく規制緩和全体に対して鋭く対峙していくことをアピールするべきだ。社会民主主義は欧州で成功しており、世界で新自由主義に対決する陣営になりつつあるのだから。

●14日のトップページ⇒ http://bit.ly/TYlvic 携帯版⇒ http://bit.ly/TYlsTG

【反新自由主義の砦】日本農業新聞1部売り⇒①本社(台東区秋葉原2番3号)1F受付【反新自由主義のパラダイス】大手町JAビル地下1階農文協・農業書センター。バックナンバーあり。送付希望は03(5295)7410へ。 月極め(0120)101630http://bit.ly/H0rZIB
  1. 2012/11/14(水) 10:58:12|
  2. TPP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【超重要】『交渉参加 タイ表明へ 地元紙報じる』|日本農業新聞14日 | ホーム | 【重要】『「党内議論終わった」 前原国家戦略相 慎重派議員ら猛反発』|日本農業新聞14日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyantomah.blog101.fc2.com/tb.php/640-b101e6a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

SINCE 2007.3.21

プロフィール

にゃんとま~

Author:にゃんとま~
\(^^*)X(*^^)/好きなモン=放浪(流浪・浮浪)・純米酒・聡明な女性・モーグリ・ビワ・国産柑橘類・投票(主に南関ケーバだがもちろんセンキョも). ▼嫌いなモン=カルト的に【自己責任】を強制する【新自由主義・リバタリアニズム】・『バクチ経済』の延命策であるTPP・核・原発・GMO・差別・排外主義・国家そのもの

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

Twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

政治 (2)
社会 (4)
経済 (1)
TPP (876)
TPP・GMO (9)
TPP・WTO (3)
TPP・EPA (2)
TPP・農政 (13)
TPP・農業 (5)
TPP・その他 (7)
GMO (7)
WTO (1)
EPA (3)
BSE (0)
原発・核・放射能 (1)
農業 (1)
農政 (1)
お知らせ (17)
未分類 (0)

RSSリンクの表示

QRコード[ケータイ版](修正済)

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。