にゃんとま~の放浪記

(C)にゃんとま~2007-2014無断転用・無断転載を禁ず

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『TPP交渉参加問題に関する都道府県知事アンケート調査結果』|日本農業新聞15日

(引用始め)(色付け、【超重要】【重要】、などは引用者による。また(引用者)とある場合も同じ)

『TPP交渉参加問題に関する都道府県知事アンケート調査結果』
(東京都を除く道府県)…(記事は⇒【重要】『TPPで本紙が知事に緊急調査 国民議論「不十分」44 12道県が参加に反対』 http://bit.ly/SO0tzF 携帯版⇒ http://bit.ly/SO0tPS

問1.TPP交渉参加問題に関する政府の情報提供は十分だと思いますか。

①不十分であり、さらに情報を提供すべきだ           43
②既に十分開示されている                      0
③わからない                               0

①栃木、千葉、石川を除く回答県

問2.TPP交渉参加問題に関する国民的議論は十分尽くされていると思いますか。

①不十分でありさらに議論が必要                44
②十分尽くされている                        0
③わからない                             0

①栃木、千葉を除く回答県

問3.日本がTPPに参加した場合、地域経済や都道府県民の暮らしはどうなるとお考えですか

①地域経済は発展し、都道府県民の暮らしは上向く          2
②現状と変わらない                              0
③地域経済は大きな影響を受け、都道府県民の生活は苦しくなる。 8

①静岡、愛知 ③北海道、青森、秋田、鳥取、徳島、高知、宮崎、鹿児島

問4.現時点で、日本はTPP交渉に参加すべきですか。

①参加すべき                         4
②参加すべきでない                     12
③わからない                         7

①静岡、愛知、大阪、大分 ②北海道、青森、岩手、秋田、山形、長野、徳島、高知、佐賀、熊本、宮崎、鹿児島

問5.日本がTPP交渉に参加することに対する懸念はありますか。

①ある                            32
②ない                            2

①北海道、青森、岩手、秋田、山形、福島、群馬、埼玉、富山、福井、山梨、長野、三重、滋賀、兵庫、奈良、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄 ②静岡、愛知

問6.問5で「ある」と答えた方。懸念がある分野や影響はどんなことですか。(最大5つまで選択)

①農林水産業         23 ⑦金融・保険         4
②地域の商工業        9 ⑧公共事業などの政府調達   1
③医療や医薬品        9 ⑨食料自給率の低下      15
④地域の雇用         14 ⑩過疎化や集落の消滅     5
⑤地方自治体の条例や制度 0 ⑪無人島の増加による国防問題 0
⑥食の安全・安心       16 ⑫デフレの加速        1
                     ⑬国家主権の喪失       0

問7.日本の経済連携はどうあるべきと考えますか。

①関税全廃を原則とするTPPを貿易ルールの基本とすべき  0
②TPP、日中韓自由貿易協定(FTA)、東南アジア諸国連   5
 合(ASEAN)と日中韓、インド、オーストラリア、ニュ
 ージーランドの16カ国による東アジア地域包括的経済連携(
 RCEP=アールセップ)を同時並行的に推進すべき
③日中韓、東南アジア諸国との連携を重視し、多用な農業の共 4
 存ができる各国の事情に配慮した柔軟な農駅ルールを目指す
 べき
④わからない                                2
⑤その他                                  30

②山梨、静岡、愛知、大阪、兵庫 ③青森、静岡、徳島、宮崎
 ※静岡は②、③を選択

(引用終)

(引用者)TPP賛成派(静岡、愛知、大阪など)の府県は知事が新自由主義者かネオコンの知事ゆえだと思われる。興味深いのは問6で、意外とTPPの懸念事項がTPP反対派の唱える認識とは多少ズレていることだ。マスメディアの流布する「農業vsそれ以外」図式が浸透している模様。

●15日のトップページ⇒ http://bit.ly/QeG5vE 携帯版⇒ http://bit.ly/QeG2jv

【反新自由主義の砦】日本農業新聞1部売り⇒①本社(台東区秋葉原2番3号)1F受付【反新自由主義のパラダイス】大手町JAビル地下1階農文協・農業書センター。バックナンバーあり。送付希望は03(5295)7410へ。 月極め(0120)101630http://bit.ly/H0rZIB
  1. 2012/11/15(木) 18:30:16|
  2. TPP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【日本農業新聞16日TPP関連記事】2012.11.16 | ホーム | 『BSE対策 検査対象の月齢引き上げ リスク評価本格化』|日本農業新聞15日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyantomah.blog101.fc2.com/tb.php/660-b85c47ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

SINCE 2007.3.21

プロフィール

にゃんとま~

Author:にゃんとま~
\(^^*)X(*^^)/好きなモン=放浪(流浪・浮浪)・純米酒・聡明な女性・モーグリ・ビワ・国産柑橘類・投票(主に南関ケーバだがもちろんセンキョも). ▼嫌いなモン=カルト的に【自己責任】を強制する【新自由主義・リバタリアニズム】・『バクチ経済』の延命策であるTPP・核・原発・GMO・差別・排外主義・国家そのもの

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

Twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

政治 (2)
社会 (4)
経済 (1)
TPP (876)
TPP・GMO (9)
TPP・WTO (3)
TPP・EPA (2)
TPP・農政 (13)
TPP・農業 (5)
TPP・その他 (7)
GMO (7)
WTO (1)
EPA (3)
BSE (0)
原発・核・放射能 (1)
農業 (1)
農政 (1)
お知らせ (17)
未分類 (0)

RSSリンクの表示

QRコード[ケータイ版](修正済)

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。