にゃんとま~の放浪記

(C)にゃんとま~2007-2014無断転用・無断転載を禁ず

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【重要】『「未来の党」設立届け出 2日に公認候補』|日本農業新聞29日

(引用始め)(色付け、【超重要】【重要】、などは引用者による。また(引用者)とある場合も同じ)

【重要】『「未来の党」設立届け出 2日に公認候補』

 滋賀県の嘉田由紀子知事が「卒原発」を掲げ結成を表明した「日本未来の党」飯田哲也氏は28日、東京都選管を通じて総務相に設立を届け出た。未来には、国民の生活が第一や、減税日本・反TPP・脱原発を実現する党(脱原発)、みどりの風の一部が合流する。嘉田氏は、みんなの党にも連携を打診している
 
 未来は、脱原発の山田正彦共同代表、生活の広野允士参院議員会長ら前衆院議員と参院議員計8人のメンバーで届け出て、政党要件を満たす国政政党として船出。12月4日公示、16日投開票の衆院選に向け準備を急ぐ。党の役職や公認候補は同2日に発表する方向で調整している。
 
 届け出に先立ち、飯田氏はみんなとの連携について、都内で記者団に「嘉田氏が(みんなの)渡辺喜美代表と連絡を取り合いながら、協力できることは協力していこうという話を進めている」と述べた。
 
 一方、脱原発の亀井静香幹事長は28日、都内で記者会見し、「政策遂行勢力をどんどん拡大していく」と述べ、合流を急ぐ考えを示した。
 
(引用終)

(引用者)他紙の報道によると、公約についても2日に発表するとのこと。また渡辺喜美氏は「合流はあり得ない」と語っている模様。

 一応2日の公約を見てから論じることにしたいが、引用者としては「ドン引き」とまでは行かないが、「みんなと連携」を図ったことじたいが、反TPPに関しても、また脱原発に関しても疑問符が明確に点灯する。
 
 何か、09年政権交代選挙の時と似ている気がする。あの時は「政権交代」が唯一の目的で、他のことはどうでもいい(と言っては失礼だが)という感触だった。
 
 この記事を【重要】とした理由は「みんな」と連携を図ったという点からである。

●29日のトップページ⇒ http://bit.ly/Sqx1Cs 携帯版⇒ http://bit.ly/Sqx3KL

【反新自由主義の砦】日本農業新聞:1部売り⇒①本社(台東区秋葉原2番3号)1F受付【反新自由主義のパラダイス】大手町JAビル地下1階農文協・農業書センター。バックナンバーあり。送付希望は03(5295)7410へ。 月極め(0120)101630http://bit.ly/H0rZIB
  1. 2012/11/29(木) 06:43:41|
  2. TPP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【超重要】『米国の不動産専門ファンド ISDで韓国を提訴 被害現実化に危機感』|日本農業新聞29日 | ホーム | 【超重要】『国民議論賛成得た TPP交渉参加で官房長官』|日本農業新聞29日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyantomah.blog101.fc2.com/tb.php/759-1a7ab569
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

SINCE 2007.3.21

プロフィール

にゃんとま~

Author:にゃんとま~
\(^^*)X(*^^)/好きなモン=放浪(流浪・浮浪)・純米酒・聡明な女性・モーグリ・ビワ・国産柑橘類・投票(主に南関ケーバだがもちろんセンキョも). ▼嫌いなモン=カルト的に【自己責任】を強制する【新自由主義・リバタリアニズム】・『バクチ経済』の延命策であるTPP・核・原発・GMO・差別・排外主義・国家そのもの

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

Twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

政治 (2)
社会 (4)
経済 (1)
TPP (876)
TPP・GMO (9)
TPP・WTO (3)
TPP・EPA (2)
TPP・農政 (13)
TPP・農業 (5)
TPP・その他 (7)
GMO (7)
WTO (1)
EPA (3)
BSE (0)
原発・核・放射能 (1)
農業 (1)
農政 (1)
お知らせ (17)
未分類 (0)

RSSリンクの表示

QRコード[ケータイ版](修正済)

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。