にゃんとま~の放浪記

(C)にゃんとま~2007-2014無断転用・無断転載を禁ず

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【重要】『TPP阻止…託す一票』|日本農業新聞16日

(引用始め)(色付け、【超重要】【重要】、などは引用者による。また(引用者)とある場合も同じ)

【重要】『TPP阻止…託す一票』

 TPP交渉参加は絶対に許さない―。衆院選投開票を目前に、一票に託す農家の思いを聞いた。
 
 まずは復興最優先に
 
 木村律子さん(58)=宮城県亘理町・イチゴ
 
 TPPは農家だけでなく、国民全体への影響が大きすぎる。外国との競争で雇用が減り、国産米の栽培も減るかもしれない。地域には、耕作放棄地が増えるだろう。被災地では今でも排水機場が壊れているから、田んぼで魚が飛び跳ねている。米を15㌶作っていたが、この年で借金はできないと再開を断念した。TPPよりも、とにかく復興を優先してほしい。
 
 
 景観 子孫に残したい
 
 岩崎孝一さん(62)=茨城県結城市・養豚
 
 TPPに参加すれば、価格面で競争力が弱い養豚は壊滅的なダメージを受ける。結城市では、新興住宅地と歴史的景観、田園風景が組み合わさって、快適な生活環境をつくり出している。掛け替えのない景観を子孫に残したい。TPP参加阻止に頑張ってくれる候補者に一票を託したい。地域を支える若い農業者を応援する施策も必要だ。国の将来像を決める重要な選挙だと認識している。
 
 
 安い牛肉の輸入懸念
 
 大橋けい子さん(63)=長野県上松町・和牛繁殖、水稲
 
 TPP交渉への参加に明確に反対している候補者に投票するつもりだ。夫を4年前に亡くした後も繁殖和牛4頭の飼養を続けてきた。田畑の耕作もしながら生活をやりくりしている。TPP参加で海外の安い牛肉が輸入されれば、和子牛の価格下落は避けられない。張り合いがなくなる。政治は、農業のことをよく分かっている人に任せたい。
 
 
 関税自主権を守って
 
 大井幸男さん(48)=岐阜県羽島市・酪農
 
 TPP交渉参加について条件付きの曖昧な公約ではなく、絶対反対という立場の候補者に一票投じる。TPPに参加すれば、酪農業界では加工向けの生乳需要の大部分が輸入乳製品に置き換わる懸念がある。長い時間をかけて積み上げてきた「関税自主権」は、農業だけではなくさまざまな産業を守るのに必要だ。国民皆保険など安心して生活できる日本を保つのにTPPは要らない。
 
 
 景気対策しっかりと
 
 瀧本かおりさん(52)=和歌山県田辺市・梅
 
 梅の消費量が景気の減退とともに、落ち込んでいる。今のデフレ状況では再生産価格で栽培していくことが難しい。TPP交渉参加にはっきりとノーといい、景気対策をやってくれる候補を応援したい。実行力を持ち、農家の実情に合わせた政治にしてほしい。子どもたちの世代のためにも、これまで築いてきた農村風景や食の安全を守っていかなければならない。
 
 
 参加で米価暴落必至
 
 椋木模一さん(39)=島根県益田市・水稲
 
 就農から7年間、高齢でリタイアした世代の農地を引き受け、規模を広げてきた。米価が伸び悩む中で少しでも高く売りたいと、減農薬栽培も手掛けている。TPPに参加すれば米価が暴落し、農業を続けられなくなる。努力が無駄になる。交渉参加に反対する候補者・政党に一票を投じたい。景気対策も重要だ。消費が活発になれば農産物価格も上向く。それが若い世代の就農意欲を高める。
 
 
 傾斜地農業崩壊招く
 
 押栗義雄さん(77)=徳島県勝浦町・温州ミカン
 
 TPPは地方の現状に合わない。町の平均耕作面積は40、50㌃。急傾斜で集約化は難しく、お金を落とせば守れるものではない。農家の平均年齢は70代だか、それでも川下の水と自然、食を支えているとの自負がある。地方が崩壊すれば連鎖的に日本は崩壊する。TPPでは玉虫色の公約が多いと感じている。日本農業を守るという言葉を信じて一票を投じる。
 
 
 島の産業大きく左右
 
 比嘉憲政さん(79)=沖縄県南大東村・サトウキビ
 
 60年間サトウキビ一本で農業を続けてきた。TPPや米軍基地問題など沖縄の将来を大きく左右する重たい選挙だ。TPPに参加したらサトウキビ生産は壊滅する。製糖工場もなくなり、無人島になるのではないか。大きな危機感がある。政党が多過ぎて戸惑っている。島の基幹産業である農業を守ると主張し、実行力ある候補者に一票を投じたい。
 

(引用終)

(引用者)切実なおもいばかりだ。たとえば南大東島や北大東島は沖縄本島から東に遠く離れた離島。川が存在せず、ため池で水を利用する。台風がよく通る島でサトウキビ以外に適する作物は存在しない。もともと八丈島から移り住んだ人々の子孫が暮らす島でもある。「無人島になる」は決して誇張ではないと思われる。

●16日のトップページ⇒ http://bit.ly/Z8NSPx 携帯版⇒ http://bit.ly/Z8NVem

【反新自由主義の砦】日本農業新聞:1部売り⇒①本社(台東区秋葉原2番3号)1F受付【反新自由主義のパラダイス】大手町JAビル地下1階農文協・農業書センター。バックナンバーあり。送付希望は03(5295)7410へ。 月極め(0120)101630http://bit.ly/H0rZIB
  1. 2012/12/16(日) 06:43:05|
  2. TPP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【重要】論説『衆院選投開票 農業の未来への選択の時』|日本農業新聞16日 | ホーム | 【日本農業新聞16日TPP関連記事】2012.12.16>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyantomah.blog101.fc2.com/tb.php/849-40f30f23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

SINCE 2007.3.21

プロフィール

にゃんとま~

Author:にゃんとま~
\(^^*)X(*^^)/好きなモン=放浪(流浪・浮浪)・純米酒・聡明な女性・モーグリ・ビワ・国産柑橘類・投票(主に南関ケーバだがもちろんセンキョも). ▼嫌いなモン=カルト的に【自己責任】を強制する【新自由主義・リバタリアニズム】・『バクチ経済』の延命策であるTPP・核・原発・GMO・差別・排外主義・国家そのもの

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

Twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

政治 (2)
社会 (4)
経済 (1)
TPP (876)
TPP・GMO (9)
TPP・WTO (3)
TPP・EPA (2)
TPP・農政 (13)
TPP・農業 (5)
TPP・その他 (7)
GMO (7)
WTO (1)
EPA (3)
BSE (0)
原発・核・放射能 (1)
農業 (1)
農政 (1)
お知らせ (17)
未分類 (0)

RSSリンクの表示

QRコード[ケータイ版](修正済)

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。