にゃんとま~の放浪記

(C)にゃんとま~2007-2014無断転用・無断転載を禁ず

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【超重要】『参加是非判断は保留 TPP交渉問題で安倍首相』|日本農業新聞28日

(引用始め)(色付け、【超重要】【重要】、などは引用者による。また(引用者)とある場合も同じ)

【超重要】『参加是非判断は保留 TPP交渉問題で安倍首相』

 安倍晋三首相は26日夜の就任記者会見で、TPPについて「経済交渉は結果が全て。国益を守れるかどうか、十分に状況や情報を分析しながら総合的に検討していきたい」と述べ、交渉参加の是非の判断を保留した。初閣議後の記者会見でも関係閣僚からは、TPPには「国益」に沿って対応するとの方針表明が相次いだ。今後、政府・与党内で「国益」とは何かをめぐる議論も起きそうだ

 TPPについて自民党は「聖域なき関税撤廃を前提にする限り交渉参加に反対する」などの方針を衆院選公約に掲げた。また公明党との連立合意書では「国益にかなう最善の道を求める」とした。安倍首相はこれらについて「当然の合意であり、公約だ」と述べ、尊重する考えを示した。

 同日夜の初閣議後の記者会見で、経済政策の司令塔・甘利明経済再生担当相は「例外なき関税撤廃を前提する交渉手法は国益に沿わない」とした上で「(交渉参加の是非は)国益に沿う道があるかどうかだ」と述べた。

 また甘利氏は、農業の改革や医療の規制緩和にも取り組む考えで「それがなければ成長戦略は絵に描いた餅に終わる」と指摘。新政権が再始動させる経済諮問会議で、こうした規制緩和などを議論する方針を示した。

 茂木敏充経済産業相はTPPについて「民主党政権での事前協議を検証し、米国などとどんな協議が可能か、できるだけ早い段階で話し合いの機会を持つ必要がある」と述べた。一方、「国益の観点からどのようなメリット・デメリットがあるか検討が必要。どの国にもセンシティブ(慎重を要する)な項目がある」とも指摘。27日未明の経産省での会見では「主張すべきは主張し、守るものが守れるかどうかで判断が決まる」と語った。

 岸田文雄外相は「自由貿易の推進は経済外交の柱。国益に即して積極的に経済連携を進める」方針を表明。ただTPPには「これまでの経緯や協議の内容を把握し、国益にかなう最善の道を求める」と述べるにとどめた。27日未明の外務省での会見では「(「国益」の中に)農業をはじめ、大きな影響を受けるさまざまな分野は当然入る。これを守るためにどう進めるかだ」と言及した。

 民主党政権では、国家戦略担当相や内閣官房の国家戦略室がTPPへの対応を一義的に受け持っていた。だが菅義偉官房長官は「(TPPは)内閣全体の問題だ」とし、新政権ではこうした担当の閣僚や部署は決めていないとした
 
(引用終)

(引用者)最後の菅義偉官房長官の発言にはいくぶんウソが含まれている。内閣の方針は経済財政諮問会議を復活させ、日本経済再生本部を設置したことから、これらを基軸にして決定していくことになっている。コイズミ流の「官邸主導」の復活である。

 この記事に出てくる安倍首相や閣僚の発言を注意深く読めば、彼らは「TPPを推進しません」とはひと言も言っていないことがわかる。推進が前提となっていて、その上で障害となるものを除去していこうとしていると思われる。特に甘利氏は露骨で、TPP国内対応となる規制緩和を進めると言っているのだ。

●28日のトップページ⇒ http://bit.ly/Uwo63O 携帯版⇒ http://bit.ly/Uwo3Fd

【反新自由主義の砦】日本農業新聞:1部売り⇒①本社(台東区秋葉原2番3号)1F受付【反新自由主義のパラダイス】大手町JAビル地下1階農文協・農業書センター。バックナンバーあり。送付希望は03(5295)7410へ。 月極め(0120)101630http://bit.ly/H0rZIB

  1. 2012/12/28(金) 15:06:54|
  2. TPP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<【重要】『林農相就任会見 競争力ある農業に』|日本農業新聞28日 | ホーム | 【重要】『林農相就任会見 戸別補償 変更最小に 13年度は現場に配慮』|日本農業新聞28日>>

コメント

NAFTAにおいては

NAFTAにおいては、“North American Free Trade Agreement Implementation Act”の第102条において、同様の規定があります(Reference[29])。

*******************************************************************************

SEC. 102. RELATIONSHIP OF THE AGREEMENT TO UNITED STATES AND STATE LAW.

(a) RELATIONSHIP OF AGREEMENT TO UNITED STATES LAW.—
(1) UNITED STATES LAW TO PREVAIL IN CONFLICT.—No provision of the Agreement, nor the application of any such provision to any person or circumstance, which is inconsistent with any law of the United States shall have effect.

(2) CONSTRUCTION.—Nothing in this Act shall be construed—
(A) to amend or modify any law of the United States, including any law regarding—
(i) the protection of human, animal, or plant life or health,
(ii) the protection of the environment, or
(iii) motor carrier or worker safety; or
(B) to limit any authority conferred under any law of the United States, including section 301 of the Trade Act of 1974;
unless specifically provided for in this Act.

(b) RELATIONSHIP OF AGREEMENT TO STATE LAW.—
(1) FEDERAL-STATE CONSULTATION.—
(A) IN GENERAL.—Upon the enactment of this Act, the President shall, through the intergovernmental policy advisory committees on trade established under section 306(c)(2)(A) of the Trade and Tariff Act of 1984, consult with the States for the purpose of achieving conformity of State laws and practices with the Agreement.
(B) FEDERAL-STATE CONSULTATION PROCESS.—The Trade Representative shall establish within the Office of the United States Trade Representative a Federal-State consultation process for addressing issues relating to the Agreement that directly relate to, or will potentially have a direct impact on, the States. The Federal-State consultation process shall include procedures under which—
(i) the Trade Representative will assist the States in identifying those State laws that may not conform with the Agreement but may be maintained under the Agreement by reason of being in effect before the Agreement entered into force;
(ii) the States will be informed on a continuing basis of matters under the Agreement that directly relate to, or will potentially have a direct impact on, the States;
(iii) the States will be provided opportunity to submit, on a continuing basis, to the Trade Representative information and advice with respect to matters referred to in clause (ii);
(iv) the Trade Representative will take into account the information and advice received from the States under clause (iii) when formulating United States positions regarding matters referred to in clause (ii);
and
(v) the States will be involved (including involvement through the inclusion of appropriate representatives of the States) to the greatest extent practicable at each stage of the development of United States positions regarding matters referred to in clause (ii) that will be addressed by committees, subcommittees, or working groups established under the Agreement or through dispute settlement processes provided for under the Agreement.

The Federal Advisory Committee Act (5 U.S.C. App.) shall not apply to the Federal-State consultation process established by this paragraph.

(2) LEGAL CHALLENGE.—No State law, or the application thereof, may be declared invalid as to any person or circumstance on the ground that the provision or application is inconsistent with the Agreement, except in an action brought by the United States for the purpose of declaring such law or application invalid.

(3) DEFINITION OF STATE LAW.—For purposes of this subsection,
the term ‘‘State law’’ includes—
(A) any law of a political subdivision of a State; and
(B) any State law regulating or taxing the business of insurance.

(c) EFFECT OF AGREEMENT WITH RESPECT TO PRIVATE REMEDIES.—
No person other than the United States—
(1) shall have any cause of action or defense under—
(A) the Agreement or by virtue of Congressional approval thereof, or
(B) the North American Agreement on Environmental Cooperation or the North American Agreement on Labor Cooperation; or

(2) may challenge, in any action brought under any provision of law, any action or inaction by any department, agency, or other instrumentality of the United States, any State, or any political subdivision of a State on the ground that such action or inaction is inconsistent with the Agreement, the North American Agreement on Environmental Cooperation, or the North American Agreement on Labor Cooperation.

*******************************************************************************

 つまり、カナダ、メキシコが全面批准しているならば、次のようになります。

米国の連邦法>米国の州法>NAFTA>カナダの連邦法>カナダの州法 (5.2)
米国の連邦法>米国の州法>NAFTA>メキシコの連邦法>メキシコの州法 (5.3)

※1.ただし、米韓FTAと異なり、セーフ・ガードは3カ国ともに認められている。
※2.DR-CAFTA(米国、コスタリカ、エルサルバドル、グアテマラ、ホンジュラス、ニカラグア、ドミニカ)においても同様の「限定批准」となっている。

従って、「ISD条項」と「ラチェット条項」と「英米法の慣習法優先」の合わせ技によって、1企業の論理が国の法令をOverruleするという事象は、米韓FTAやNAFTAにおいては米国政府に対しては適用されないことになります(Reference[28],[29],[30])。
 NAFTAにおけるISD条項の実情について、11月末のネット・メディアの党首討論会で、某政党の党首は「ISD条項は相互的なものであり、米国も勝ったり、負けたりです。」と述べていました。この理解は不十分であり、正確には次のようになります。

(1)確かに条約の構成上は「ISD条項」は相互的なものである。しかし、米韓FTA、NAFTA、DR-CAFTAについては、米国は条約そのものを批准せず、別の「FTA履行法」を成立させている。しかも、いずれも履行法102条において、国内法のFTAに対する優越を規定しているため、米国政府に対するISD条項による提訴は、原則的に棄却される。

  1. 2012/12/29(土) 17:21:30 |
  2. URL |
  3. 愛国者 #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

これは明白なる治外法権であり、主権侵害

これは明白なる治外法権であり、主権侵害です。しかも、国際仲裁機関(ISCID)での審理は非公開であり、上訴も不可能です。これは大変なことです(Reference[25],[26],[27])。このように、ISD条項は、事実上、企業の論理が国家(または州)の権限を超える危険性を孕んだ制度であり、民主主義に対する大きな脅威となります。このため、TPP交渉において豪州はISD条項に強硬に反対しており、マレーシアも強硬に反対しています。更にマレーシアは8月に交渉からの離脱を表明しています。

[2]NAFTAも不平等条約か
 先日、知人より、NAFTAも米韓FTAと同様の不平等条約であるという驚愕の事実を知らされました。米韓FTAについては韓国が「全面批准」したのに対し、米国議会は” United States – Korea Free Trade Agreement Implementation Act”という別の法律を成立させて「限定批准」としています(Reference[28])。その結果、優先順位は次のようになっています。まさに、これは不平等条約です。

米国の連邦法>米国の州法>米韓FTA>韓国の法律 (5.1)

 非常に重要なことなので、再度、当該個所を引用します。

*******************************************************************************

SEC. 102. RELATIONSHIP OF THE AGREEMENT TO UNITED STATES AND STATE LAW.
(a) RELATIONSHIP OF AGREEMENT TO UNITED STATES LAW.—
(1) UNITED STATES LAW TO PREVAIL IN CONFLICT.—No provision of the Agreement, nor the application of any such provision to any person or circumstance, which is inconsistent with any law of the United States shall have effect.

(2) CONSTRUCTION.—Nothing in this Act shall be construed—
(A) to amend or modify any law of the United States,
or
(B) to limit any authority conferred under any law of the United States,unless specifically provided for in this Act.

(b) RELATIONSHIP OF AGREEMENT TO STATE LAW.—
(1) LEGAL CHALLENGE.—No State law, or the application thereof, may be declared invalid as to any person or circumstance on the ground that the provision or application is inconsistent with the Agreement, except in an action brought by the United States for the purpose of declaring such law or application invalid.

(2) DEFINITION OF STATE LAW.—For purposes of this subsection, the term ‘‘State law’’ includes—
(A) any law of a political subdivision of a State; and
(B) any State law regulating or taxing the business of insurance.

(c) EFFECT OF AGREEMENT WITH RESPECT TO PRIVATE REMEDIES.—
No person other than the United States—
(1) shall have any cause of action or defense under the Agreement or by virtue of congressional approval thereof; or President.

(2) may challenge, in any action brought under any provision of law, any action or inaction by any department, agency, or other instrumentality of the United States, any State, or any political subdivision of a State, on the ground that such action or inaction is inconsistent with the Agreement.

*******************************************************************************

  1. 2012/12/29(土) 17:20:32 |
  2. URL |
  3. 愛国者 #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

ここを見て下さい

ここを見て下さい

http://www.sap.com/japan/campaigns/2010/ifrs/expert29.epx

------------------------------------------

1]韓国政府に対して、ISD条項発動
  11月22日、遂に恐れていたことが発生しました。第25号で既報の通り、5月下旬に米国のローンスター社が韓国政府に対して「調停」を申請しました。調停機関の半年が経過したため、ISD条項が発動され、米国ワシントンにある世界銀行の傘下にある国際仲裁機関(ISCID)に回付されるに至りました(Reference[24], [71])。
 特に注目するべきことは、この提訴の内容が次のようになっていることです。

(1)外換銀行の株式売却の承認を韓国政府が遅らせたため、高値で売却することができず、予定していた利益を上げられなかったに対する損害賠償。
(2) 外換銀行の株式売却に伴う株式譲渡益課税の返還。

(1)に対しては、「差別的待遇を受けた」という言い分もあり、多少の理解できる部分もありますが
(2)については「徴税権」という国家主権を否定する問題であり、WTO憲章への抵触も懸念される、非常に重大な問題です。

(図省略)

しかし、今回の場合は、下記のようになります。ワシントンへの交通費は韓国政府の自弁となるのは当然のことですが、審理が韓国語ではなく英語で行われることが重大な問題です。しかも---殆どのメディアは報道していないことですが---NAFTA以降のISD条項が特殊なのは、FTAの「事前同意規定」によって、「外国企業が仲裁機関に提訴する際の、当該国の国内法の手続きを放棄すること」を、FTAの中で国家として事前に包括的に同意したとみなされるという点です(つまり、司法主権を放棄したことになる→まさに、植民地条約である「日米修好通商条約」(1858年)と同じ)。「日本が結んだ発展途上国とのFTAにもISD条項は入っているので問題はない」という方々は、この極めて重大なポイントを理解しておられないのかもしれません。「個別案件について、当事者双方が合意した上で、裁判所でない第3機関で仲裁を受ける」という手続きとは根本的な異なります。つまり、悪用に対する歯止めがありません。

※WTOのパネルは、国家対国家の調停であり、一外国企業の論理が国内法を覆すことはありません。また、WTOのパネルは、公開制でカメラが入るため、透明性が確保されます。

(図省略)
  1. 2012/12/29(土) 17:19:22 |
  2. URL |
  3. 愛国者 #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyantomah.blog101.fc2.com/tb.php/888-3b53c96b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

SINCE 2007.3.21

プロフィール

にゃんとま~

Author:にゃんとま~
\(^^*)X(*^^)/好きなモン=放浪(流浪・浮浪)・純米酒・聡明な女性・モーグリ・ビワ・国産柑橘類・投票(主に南関ケーバだがもちろんセンキョも). ▼嫌いなモン=カルト的に【自己責任】を強制する【新自由主義・リバタリアニズム】・『バクチ経済』の延命策であるTPP・核・原発・GMO・差別・排外主義・国家そのもの

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

Twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

政治 (2)
社会 (4)
経済 (1)
TPP (876)
TPP・GMO (9)
TPP・WTO (3)
TPP・EPA (2)
TPP・農政 (13)
TPP・農業 (5)
TPP・その他 (7)
GMO (7)
WTO (1)
EPA (3)
BSE (0)
原発・核・放射能 (1)
農業 (1)
農政 (1)
お知らせ (17)
未分類 (0)

RSSリンクの表示

QRコード[ケータイ版](修正済)

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。