にゃんとま~の放浪記

(C)にゃんとま~2007-2014無断転用・無断転載を禁ず

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【重要】『林農相就任会見 競争力ある農業に』|日本農業新聞28日

(引用始め)(色付け、【超重要】【重要】、などは引用者による。また(引用者)とある場合も同じ)

【重要】『林農相就任会見 競争力ある農業に』

 林芳正農相が27日、農水省内で行った就任記者会見の要旨は次の通り。

  ―首相からはどのような指示があったのか。

 全閣僚共通の指示で3点。①経済再生本部に参加し、従来の発想にとらわれない施策の提案、実施②閣僚全員が復興相という意識を共有して復興に努力③大規模災害やテロなど国家的な危機が発生した場合の危機管理に万全を期す―という趣旨だった。

 農相には①高付加価値化や農商工連携による競争力のある農林水産業の展開②戦略的な経済連携協定の推進に当たっては「聖域なき関税撤廃」を解しつつ、関係大臣と緊密に連携して守るべき国益をしっかり守る③戸別所得補償から「農地を農地として維持する支援策」への見直し、新規就農や経営継承の応援などによる担い手の育成④山村振興対策の抜本的強化⑤燃油高騰対策、新規就業支援制度による漁業、水産業の活性化⑥食料自給率、自給力の向上―の指示があった。

  ―TPPをめぐる「聖域なき関税撤廃を前提とする限り反対」について、どれくらい議論に時間をかけるのか。

 TPPは例外措置を全く設けずに関税を撤廃するのが交渉参加の前提条件と聞いている。まずはきちんとした情報を取り、それに基づいて議論をすることが大事だ。各方面から話を聞き、スケジュールに予断を持たずに進めていきたい

  ―第2次安倍内閣に対し野党は「TPP推進の布陣」と指摘しているが、どう受け止めるか。
  
 (聖域なき関税撤廃を前提とする限り交渉参加には反対と記した)政権公約を掲げて選挙をやり、こういう結果になった。公約の実現に全力を尽くす

  ―前政権下では、カナダとメキシコを含むTPP交渉参加11カ国に絞った新たな影響試算を農水省が作成したが、公表されていない。公表の予定はあるか。

 事務方から話を聞いてから考えたいと思うが、きちんとした議論ができるよう、情報は出していくのが大事だとも考えている。

  ―戸別所得補償制度の見直しは具体的にどう考えているか。

 戸別所得補償制度の取り扱いは自民、公明両党が公約に掲げて選挙を戦ったので与党と協議していく。農家は今の制度を前提に準備を進めているので現場を混乱させないことが大事だ。その上で、両党の公約にあるように名前や制度をどうするかに着手したい。現場を混乱させないと考えれば、抜本的な見直しの検討は2014年度予算に向けてということになると思う。

  ―13年度の当初予算案の編成で、名前以外での変更点はあるか。

 何か予断を持っているわけではないが、(13年度の当初予算案は)それほど大きな変更にはならないと思っている。

  ―農業農村整備事業の予算をどう確保するか。

 予算は必要額を積み上げていくことが大原則だ。今回は異例な時期の政権交代なので、補正予算と来年度当初予算という非常に窮屈な日程の中でやっていかなければならない。厳しい財政事情という前提もある。その中で必要な政策を打てる予算を編成する。

  ―青年就農給付金は今後どうするか。

 「持続的に力強い農業」という意味では若い人が新規に就農することが大切だ。青年就農給付金や農の雇用は大事だと考えている。それを前提に今後の取り扱いについては与党と相談しながらやっていく。

  ―JAをはじめ農業団体の役割をどう考えるか。

 JAなどは現場で苦労している。長年の交流の中で現場の話を聞く機会を作ってきた。これからも、そういう皆さんから現場の話をよく聞き、現場が元気になるように頑張っていきたい。
 
(引用終)

(引用者)※農林水産省HPの該当ページ⇒ http://www.maff.go.jp/j/press-conf/min/121227.html

 農政に関わって来なかった大臣にしては無難な会見。農水官僚には受け容れられるのではないか。それじたいが問題なのかもしれないが。

●28日のトップページ⇒ http://bit.ly/Uwo63O 携帯版⇒ http://bit.ly/Uwo3Fd

【反新自由主義の砦】日本農業新聞:1部売り⇒①本社(台東区秋葉原2番3号)1F受付【反新自由主義のパラダイス】大手町JAビル地下1階農文協・農業書センター。バックナンバーあり。送付希望は03(5295)7410へ。 月極め(0120)101630http://bit.ly/H0rZIB

  1. 2012/12/28(金) 15:15:50|
  2. TPP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【日本農業新聞29日TPP関連記事】2012.12.29 | ホーム | 【超重要】『参加是非判断は保留 TPP交渉問題で安倍首相』|日本農業新聞28日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyantomah.blog101.fc2.com/tb.php/889-e8c6f5c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

SINCE 2007.3.21

プロフィール

にゃんとま~

Author:にゃんとま~
\(^^*)X(*^^)/好きなモン=放浪(流浪・浮浪)・純米酒・聡明な女性・モーグリ・ビワ・国産柑橘類・投票(主に南関ケーバだがもちろんセンキョも). ▼嫌いなモン=カルト的に【自己責任】を強制する【新自由主義・リバタリアニズム】・『バクチ経済』の延命策であるTPP・核・原発・GMO・差別・排外主義・国家そのもの

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

Twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

政治 (2)
社会 (4)
経済 (1)
TPP (876)
TPP・GMO (9)
TPP・WTO (3)
TPP・EPA (2)
TPP・農政 (13)
TPP・農業 (5)
TPP・その他 (7)
GMO (7)
WTO (1)
EPA (3)
BSE (0)
原発・核・放射能 (1)
農業 (1)
農政 (1)
お知らせ (17)
未分類 (0)

RSSリンクの表示

QRコード[ケータイ版](修正済)

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。