にゃんとま~の放浪記

(C)にゃんとま~2007-2014無断転用・無断転載を禁ず

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

構造改革(新自由主義)の動力としてのイデオロギー2013年3月24日にゃんとま~

構造改革(新自由主義)の動力としてのイデオロギー2013年3月24日にゃんとま~

 「尖閣で中国と、竹島で韓国と敵対・強硬路線」を米国中枢に封じられた安倍内閣は、これで国民を釣ってきただけに、構造改革(新自由主義)の動力としての新保守イデオロギーを別に求めるのを余儀なくされている。即ち「人の不幸は蜜の味」を使った国内の差別排外主義に求めている。

 おそらく安倍内閣は国内向けには対中韓強硬路線を続ける素振りを見せつつ、これに代わる構造改革の動力=弱者やマイノリティに対する凄惨な差別排外主義を煽る政策を次々と打っていくであろう。すでにいくつか実施された。これはTPP路線を続行するには最適。即ち日米合意に基づく日本改造計画は国民の分断によって完遂されるということになる。

 まず考えられるのは、弱者への補助金や給付金の減額や廃止(生活保護受給額の減額)。次いでマイノリティに対する補助の不作為(朝鮮学校にたいするもの)。さらに地域的な分断を図るための主権回復の日の強行(4月28日)。そして全国の兼業農家に対する攻撃(産業競争力会議・経済財政諮問会議)。構造改革でもあるが制度的に相互扶助的なものを廃止(協同組合・共済制度…規制改革会議)。

 なぜ、こんなことが許されていくのだろうか。大きな背景として、まず都市化が挙げられる。歴史的に全体主義は必ず都市から生まれている田舎はヨソモノには厳しいと言われるが、いったん受け容れられると、実は多様性を包摂する。一見すると都市が自由であるように見えても、資本主義社会の行き着くところが都市なのであって、資本主義の合理性に従って生きていかねばならない。それに従えない場合は田舎に帰るか、都市の中でまさに地を這う生活を余儀なくされる。だから都市の方が自由に見えても多様性を包摂できない。合理性を強要されるのだ。

 コイズミ竹中構造改革の「成果」のひとつは地方を疲弊させることであったが、当時よりもニホンの都市化は加速度的に進んでいる。東京を頂点とした都市化。全て東京への一極集中が進む。だから滑稽なのは日本維新の会が大阪を「大阪都」にしようと構造改革をすればするほど大阪は没落し東京が繁栄することになる(グローバル資本の拠点はもっとも便利な都市に置かれるものだ)。

 都市で資本主義の合理性に従って生きていくとやがて個々人がアトム化された状況が拡大していく。共同体的な紐帯が外れて従来的な国民統合が難しくなっていく。ここに新たな国民統合のイデオロギーを注入するのが新保守主義なのだ。イギリスのサッチャー政権が始まり。しかし、安倍内閣は中韓への攻撃を米国中枢に制されている。

 となると残された手段はアトム化された都市住民に対して「選民意識」を植え付けていく方向しかない。選ばれし民。しばしばカルト宗教が使う手段だが。実際には「選ばれて」いるわけではないので、どうするのか。ここに少数の者、異端の者を排外していく根拠が生まれる。

 つまり、あなた方は生活保護を受けているわけではない。あなた方は朝鮮学校の高校生ではない。あなた方は既得権益で守られた兼業農家ではない。あなた方はゴネ得を狙っている沖縄の人ではない。あなた方は巨大な利益を貪る協同組合員ではない。あなた方は美しい国の国民なのだ、と。
  1. 2013/03/24(日) 19:30:09|
  2. TPP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<TPP交渉と並行して行われる日米協議について―2013年4月23日にゃんとま~ | ホーム | 『TPP交渉参加表明後の状況について』2013年3月22日にゃんとま~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyantomah.blog101.fc2.com/tb.php/901-2178c31c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

SINCE 2007.3.21

プロフィール

にゃんとま~

Author:にゃんとま~
\(^^*)X(*^^)/好きなモン=放浪(流浪・浮浪)・純米酒・聡明な女性・モーグリ・ビワ・国産柑橘類・投票(主に南関ケーバだがもちろんセンキョも). ▼嫌いなモン=カルト的に【自己責任】を強制する【新自由主義・リバタリアニズム】・『バクチ経済』の延命策であるTPP・核・原発・GMO・差別・排外主義・国家そのもの

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

Twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

政治 (2)
社会 (4)
経済 (1)
TPP (876)
TPP・GMO (9)
TPP・WTO (3)
TPP・EPA (2)
TPP・農政 (13)
TPP・農業 (5)
TPP・その他 (7)
GMO (7)
WTO (1)
EPA (3)
BSE (0)
原発・核・放射能 (1)
農業 (1)
農政 (1)
お知らせ (17)
未分類 (0)

RSSリンクの表示

QRコード[ケータイ版](修正済)

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。