にゃんとま~の放浪記

(C)にゃんとま~2007-2014無断転用・無断転載を禁ず

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

★高松和弘『“悪夢”想像して ベトナムの日本米増産』日本農業新聞2013年10月20日・ベトナム記事リンク

高松和弘『“悪夢”想像して ベトナムの日本米増産』日本農業新聞2013年10月20日

※この記事は日本農業新聞2013年10月20日2面【取材ノート】というコラムに載った記事である。このコラムは毎週日曜日2面に、日本農業新聞の各記者が、取材で体験したことを振り返って思いを書くコーナーになっていて、読者が記者を身近に感じることのできる貴重なコラムになっている。先般日本農業新聞が報じた、岩手県の農業法人がベトナムでのジャポニカ米増産指導を行っているとの記事は各方面に波紋を広げた。その後連載記事を掲載し反TPP運動に衝撃を与えている。(下にリンクを貼っておいたので参照されたい

(引用はじめ)(色付けは引用者による)

 「『〇〇』(日本品種の名)は日本ではどんな評価なんだ」「日本米を民間育種している企業を教えてくれないか」

 ベトナム南部・メコンデルタに位置するアンジャン省の米集荷会社の応接室で、社長にこう迫られた。同社は、農業資材が主力事業だったが、2010年に米の集荷販売を開始。これまで築き上げてきた農家とのパイプを生かし、わずか2年で最王手に上り詰めた。

 そんな有力企業が今、環太平洋連携協定(TPP)参加国間の米の関税が撤廃または引き下げられることを想定し、日本米を増産して日本を含む諸外国に輸出するシナリオを水面下で描く。

 ベトナムで作られている短粒種の生産者米価は1㌔80円程度(60㌔約4800円)。対する日本の新潟・一般「コシヒカリ」の13年産の概算金は、この約3倍の水準だ。国境措置が仮になくなった場合、圧倒的に高単価な日本市場をベトナムが狙ってくる可能性は高い。

 さらに日本の農家や商社、農機メーカーが海を渡り、こうした動きを技術面で後押しする流れもできつつある。ベトナム人が日本並みの品質の日本米を量産できる“その日”も遠くないかもしれない。

 “その日”を境に、日本の米を、日本ではない人件費の安い国で作って、日本に輸出しようという動きが活発化し、日本の稲作が空洞化しないだろうか。日本政府が農業の成長戦略の一つに掲げている日本からの米輸出だが、日本人のノウハウで作ったベトナムの格安米と輸出先で競合した場合、完敗してしまわないだろうか。一人一人が日本農業の将来を想像する時だと思う。(高松和弘)

(引用終)

※TPPに対する解釈はたくさんあるが、少なくともTPP域内では自由貿易は実現する。アメリカ企業による「管理貿易」という論者もいるが、それは異なる側面=市場の独占のことを論じているに過ぎない。自由貿易とは、ヒト・モノ・カネの自由な移動である。したがって、当然TPP域内で資本による生産拠点の最適化がなされる。製造業の生産拠点は資本にとって最も効率的な場所に移転する。だから日本の製造業は空洞化するのは目に見えている。そして農業も同様である。そのことを示唆したのが一連の日本農業新聞のベトナム記事なのである。記者が案じているように、このまま事態が進むと日本国内の稲作は壊滅に近い状態になる。以下の記事を参照されたい。

★ベトナムでの日本米増産に関する過去の日本農業新聞記事のe農netリンク★
★『ベトナム 短粒種を増産 日本へ米輸出にらむ』2013年9月12日
⇒ http://image.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=23330 
★【ベトナムと日本資本 米輸出大国最前線 1】『格安ジャポニカ 本家の技術 浸透 大手卸が栽培指導』2013年9月23日
⇒ http://image.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=23521 
★【ベトナムと日本資本 米輸出大国最前線 2】『米貿易 世界一(上)』2013年9月24日
⇒ http://image.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=23546 
★論説『米を守れ 対日輸出攻勢に警戒を』2013年9月24日
⇒ http://image.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=23532 
★【ベトナムと日本資本 米輸出大国最前線 3】『米貿易 世界一(下)』2013年9月25日
⇒ http://image.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=23571 
★【ベトナムと日本資本 米輸出大国最前線 4】『TPP見越し投資』2013年9月26日
⇒ http://image.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=23588 
  1. 2013/10/21(月) 05:59:48|
  2. TPP・農業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<★日本農業新聞2013年10月22日TPP関連記事(e農net掲載分) | ホーム | ★日本農業新聞2013年10月21日TPP関連記事(e農net掲載分)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyantomah.blog101.fc2.com/tb.php/931-b83333d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

SINCE 2007.3.21

プロフィール

にゃんとま~

Author:にゃんとま~
\(^^*)X(*^^)/好きなモン=放浪(流浪・浮浪)・純米酒・聡明な女性・モーグリ・ビワ・国産柑橘類・投票(主に南関ケーバだがもちろんセンキョも). ▼嫌いなモン=カルト的に【自己責任】を強制する【新自由主義・リバタリアニズム】・『バクチ経済』の延命策であるTPP・核・原発・GMO・差別・排外主義・国家そのもの

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

Twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

政治 (2)
社会 (4)
経済 (1)
TPP (876)
TPP・GMO (9)
TPP・WTO (3)
TPP・EPA (2)
TPP・農政 (13)
TPP・農業 (5)
TPP・その他 (7)
GMO (7)
WTO (1)
EPA (3)
BSE (0)
原発・核・放射能 (1)
農業 (1)
農政 (1)
お知らせ (17)
未分類 (0)

RSSリンクの表示

QRコード[ケータイ版](修正済)

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。