にゃんとま~の放浪記

(C)にゃんとま~2007-2014無断転用・無断転載を禁ず

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【超重要】【解説】『TPP 米国中心の側面露呈 ISDは企業有利に変化』|日本農業新聞19日

(引用始め)(色付け、【超重要】【重要】、などは引用者による。また(引用者)とある場合も同じ)

【超重要】【解説】『TPP 米国中心の側面露呈 ISDは企業有利に変化』

 秘密のベールに包まれてきた環太平洋連携協定(TPP)の一端が見えてきた。貿易協定というよりも、投資や貿易、知的所有権の標準ルールを定め、米国を中心とした多国籍企業がもうけるための土俵を整備しようという側面が強いことが、今回の合意案からはっきりした。

 企業が進出国の政府の政策で不利益を被った場合、国際仲裁機関に損害賠償を訴えることができる投資家・国家訴訟(ISD)条項は、これまでの自由貿易協定(FTA)にも組み込まれていたが、TPPではさらに企業が有利な形に「変化」している印象だ。企業の権利を幅広く定義する半面で、政府が行えるセーフガード(緊急輸入制限措置)などの裁量をできるだけ狭めようとしている

 あまりの米国の突出ぶりに、米国以外の交渉参加国が反対に回っている項目もある。交渉は難航し、TPP交渉参加国が当初描いたように今年末までにまとめるという目標はずれ込みそうだ。

 これだけ国民生活に直結する議論の内容を、交渉参加国は公開せず、市民団体が独自に情報入手で明らかになるというのはおかしい。(山田優編集委員)

※引用者注:パブリックシチズンHPの該当pdf(秘密文書へのリンクあり)⇒ http://www.citizen.org/documents/release-controversial-trade-pact-text-leaked-06-13.pdf

(引用終)

―(引用者)多国籍資本の国家の侵食。その世界大への拡大。

●本日の他の記事⇒ http://bit.ly/KPsZh0 携帯版⇒ http://bit.ly/KPsZh4

  1. 2012/06/19(火) 15:17:12|
  2. TPP
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<【超重要】『合意文書の問題点』|日本農業新聞19日 | ホーム | 【超重要】『TPP投資分野 企業の権利拡大 合意案、環境や労働で』|日本農業新聞19日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyantomah.blog101.fc2.com/tb.php/95-40badd78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【【超重要】【解説】『TPP 米国中心の側面露呈 ISDは企業有利に変化』|日本農業新聞19日】

(引用始め)(色付け、【超重要】、【重要】、などは引用者による。また(引用者)とある場合も同じ) 【超重要】【解説】『TPP 米国中心の側面露呈 ISDは企業有利に変化』  秘密のベールに包まれてきた環太平洋連携協定(TPP)の一端が見えてきた。貿易協定と...
  1. 2012/06/20(水) 16:45:01 |
  2. まとめwoネタ速neo

FC2カウンター

SINCE 2007.3.21

プロフィール

にゃんとま~

Author:にゃんとま~
\(^^*)X(*^^)/好きなモン=放浪(流浪・浮浪)・純米酒・聡明な女性・モーグリ・ビワ・国産柑橘類・投票(主に南関ケーバだがもちろんセンキョも). ▼嫌いなモン=カルト的に【自己責任】を強制する【新自由主義・リバタリアニズム】・『バクチ経済』の延命策であるTPP・核・原発・GMO・差別・排外主義・国家そのもの

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

Twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

政治 (2)
社会 (4)
経済 (1)
TPP (876)
TPP・GMO (9)
TPP・WTO (3)
TPP・EPA (2)
TPP・農政 (13)
TPP・農業 (5)
TPP・その他 (7)
GMO (7)
WTO (1)
EPA (3)
BSE (0)
原発・核・放射能 (1)
農業 (1)
農政 (1)
お知らせ (17)
未分類 (0)

RSSリンクの表示

QRコード[ケータイ版](修正済)

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。